3PEAKS

☆新潟県在住のんびり山歩き 初心者、中級者向けおすすめ登山ルート、登山口情報☆


標高は低いけど、山頂からの眺めは絶景!五頭連峰最南端「宝珠山」

f:id:threepeaks:20190508232027j:plain

宝珠山(ほうじゅさん、ほうしゅさん)

・標高:559m

・所在地:阿賀野市、阿賀町

・山頂には2体の地蔵像があり、見晴らしはとても良い

・飯豊連峰の宝珠山とは別の山である

・例年12月~4月中旬は積雪期

 五頭連峰の最南端に位置する「宝珠山」は、新潟県を代表する遊園地「サントピアワールド」の近くにあります。GWも明け、五頭連峰の山開きも終えた5月の上旬に登ってきました(山開き以後は道が整備されてとても歩きやすくなります)。

 

この日の山行記録

 

駐車場と登山口情報

 登山口は「赤松山森林公園」の手前にあります。

 

 

また、「宝珠温泉あかまつ荘」の近くにも登山口があり、温泉駐車場に車を停めて登山に向かう人もいるようです(温泉駐車場を利用する場合は、帰りに温泉を必ず利用しましょう)。

保養センター『あかまつ荘』 - 新潟県阿賀野市役所

 

この日は「赤松山森林公園」手前の駐車場に車を停めました。登山口前の駐車場には4台ほどしか停められないので、満車の場合はその先の森林公園の広い駐車場まで移動すると停められます。

f:id:threepeaks:20190510172534j:plain

登山前に用を足したい人は森林公園のトイレに行きましょう(登山口から車道をちょっと登ります)。

 

f:id:threepeaks:20190508234053j:plain

この案内図の前に車を停めると登山口はすぐ横にあります。

 

この日のコース(ピストン)

f:id:threepeaks:20190928222823j:plain

登山口 ⇒ 送電鉄塔 ⇒ 赤松山 ⇒ 丸山小富士 ⇒ 八咫柄山 ⇒ 山頂 ⇒ 八咫柄山 ⇒ 丸山小富士 ⇒ 赤松山 ⇒ 送電鉄塔 ⇒ 登山口

 

往復距離:6.3km

累積標高差:(上り/下り)670m/670m

 

登山口~山頂の標準コースタイムは、上り1時間50分、下り1時間20分だそうです。

※往復距離と累積標高差は概測

※宝珠山~大蛇山の距離や標高差は上記に含まれていません

 

登山開始~宝珠山山頂へ

f:id:threepeaks:20190508235047j:plain

f:id:threepeaks:20190509001015j:plain

ここで登山届を出してから登りましょう。

 

f:id:threepeaks:20190509001211j:plain

それでは登山スタートです!最初は平坦な遊歩道を歩いていきます。

 

f:id:threepeaks:20190509001415j:plain

しばらく歩くと、「宝珠山→」の標識があるので、”どんぐり坂”を登っていきます。

 

f:id:threepeaks:20190509001616j:plain

小さな東屋があります。

 

f:id:threepeaks:20190509001745j:plain

整備された階段の遊歩道です。この日は天気も良く、風も吹いていたのでとても気持ちが良かったです。

 

f:id:threepeaks:20190509001934j:plain

分岐に出ますが、そのまま道なりに登っていきます。

 

f:id:threepeaks:20190509002122j:plain

階段を登りきるとなだらかな道になります。

 

f:id:threepeaks:20190509002237j:plain

しばらくすると、「あかまつ荘」からの登山道との合流地点があります。「宝珠山↑」の標識どおりに右手へ登っていきます。

 

f:id:threepeaks:20190509002425j:plain

ここの坂は意外と急登で滑りやすいので、あせらずゆっくり登りましょう。

f:id:threepeaks:20190509002529j:plain

すると、送電鉄塔が見えてきます。

 

f:id:threepeaks:20190509003730j:plain

鉄塔の下に道が続いています。

 

f:id:threepeaks:20190509003815j:plain

f:id:threepeaks:20190509003917j:plain

 道なりに進むと、ようやく登山道らしくなってきます。

 

f:id:threepeaks:20190509004009j:plain

f:id:threepeaks:20190509004125j:plain

一度車道に下ります。 

 

f:id:threepeaks:20190509004256j:plain

この道で車を見たことがありませんが、一応 「車に注意」!

 

f:id:threepeaks:20190509004606j:plain

車道の向かい側に登山道が続いています。段差の大きな階段があるので、ゆっくり登りましょう。 

 

f:id:threepeaks:20190509004639j:plain

段差の大きな階段を過ぎると少しなだらかになった山道が続きます。

 

f:id:threepeaks:20190509004715j:plain

f:id:threepeaks:20190509004800j:plain

 「赤松城山」です。広めのスペースがあるので休憩できます。

 

f:id:threepeaks:20190509004923j:plain

先へ進みます。

 

f:id:threepeaks:20190509005002j:plain

f:id:threepeaks:20190509005043j:plain

 「赤松山」です。登山口からここまでコースタイムで45分くらいです。

 

f:id:threepeaks:20190509005108j:plain

里の景色を少し眺められます。

 

f:id:threepeaks:20190509005137j:plain

標識の方向へ少し下ります。

 

f:id:threepeaks:20190509005349j:plain

f:id:threepeaks:20190509005430j:plain

新緑がとてもきれいです。

 

f:id:threepeaks:20190509005459j:plain

f:id:threepeaks:20190509005553j:plain

赤松山からコースタイムで50分ほど歩くと、岩でゴツゴツした「丸山小富士」に到着です。

 

f:id:threepeaks:20190509005629j:plain

ここも開けているのでとても眺めが良いです。

 

f:id:threepeaks:20190509005658j:plain

ただし、岩場で登山道途中なので、休憩する際は他の登山者の迷惑にならないように気をつけてください。

 

f:id:threepeaks:20190509005728j:plain

写真では分かりませんが、山頂の鐘が見えます。

 

f:id:threepeaks:20190509005756j:plain

「八咫柄山」へ向かいます。

 

f:id:threepeaks:20190509005832j:plain

f:id:threepeaks:20190509005854j:plain

丸山小富士から10分ほどで「八咫柄山(やたがらやま)」に到着です。

 

f:id:threepeaks:20190509005927j:plain

宝珠山山頂まであともうちょっと。ここまで来ると山頂に人がいるのか分かります。

 

f:id:threepeaks:20190509010026j:plain

少し先に行くと 「石間登山道」との合流地点があります。

 

f:id:threepeaks:20190510154853j:plain

山頂へ向かいます。一度下ります。

 

f:id:threepeaks:20190510154934j:plain

下ってからの登り。

 

f:id:threepeaks:20190510155051j:plain

山頂に近づくにつれて険しくなります。

 

f:id:threepeaks:20190510155136j:plain

山頂手前は岩場をちょっとだけよじ登る感じ。

 

f:id:threepeaks:20190510155258j:plain

宝珠山の山頂に到着です!鐘があるので鳴らしておきましょう。

 

f:id:threepeaks:20190510155351j:plain

 2体のお地蔵様です。

 

f:id:threepeaks:20190510155425j:plain

狭めの山頂ですが、ゴツゴツした岩場からの眺めが迫力があって素晴らしいです。

 

f:id:threepeaks:20190510155512j:plain

f:id:threepeaks:20190510155603j:plain

f:id:threepeaks:20190510155624j:plain

f:id:threepeaks:20190510155703j:plain

大蛇山、菱ヶ岳方面。

 

f:id:threepeaks:20190510155728j:plain

山頂は岩場で狭いので、混んでいる時は無理せず少し下のスペースで休憩しましょう。

 

ここから、大蛇山(おおじゃやま)や菱ヶ岳への縦走路が延びています。宝珠山に到着した時点でそこそこ疲れている場合や、遅めの時間帯の場合は無理せず進むのはやめましょう。

 

参考までに大蛇山の簡単な情報を以下に記します。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

<参考>宝珠山(559m)⇔大蛇山(799m)

標高差:240m、累積標高差:(上り下りともに)630m、往復距離:4.2km

コースタイム:上り1時間10分+下り50分(往復で2時間)

※距離と累積標高差は概測です

 

f:id:threepeaks:20190510160231j:plain

歩きやすい稜線が続くので、天気が良く風のある日は気持ちいいです。ただし、風の少ない夏日はとても暑いのであまりお勧めしません。

 

f:id:threepeaks:20190510160315j:plain

大蛇山の山頂はこんな感じで、周囲は木で囲まれているので展望はあまりありません。平たいスペースなので休憩はしやすいです。

 

f:id:threepeaks:20190510160340j:plain

山頂にあるピッケル地蔵が有名です。お地蔵さんがピッケルを持っています。

 

f:id:threepeaks:20190510162928j:plain

大蛇山山頂から菱ヶ岳への縦走路。大蛇山から菱ヶ岳への縦走路はなかなかきついので、健脚者じゃないとお勧めしません。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 

 

 

宝珠山下山開始~登山口へ

f:id:threepeaks:20190510170455j:plain

さて、宝珠山山頂で景色を堪能したので下山します。

 

f:id:threepeaks:20190510170720j:plain

山頂付近の岩場は下りの時滑りやすいので気をつけてください。

 

f:id:threepeaks:20190510171003j:plain

八咫柄山を通り、

 

f:id:threepeaks:20190510171119j:plain

丸山小富士を通り、

 

f:id:threepeaks:20190510171155j:plain

最後の?景色を眺め、

 

f:id:threepeaks:20190510171259j:plain

のんびりテクテク下山していると...

 

f:id:threepeaks:20190510171331j:plain

前を歩いていた友人「ん?何かいる!?」 自分「げ!熊か!?」

ビビリながらも近寄ってみます。

 

f:id:threepeaks:20190510171408j:plain

カモシカでした!

 

f:id:threepeaks:20190510171504j:plain

いつもすぐに逃げられてしまいますが、この子はなかなか逃げないので写真に撮ることができました。

 

f:id:threepeaks:20190510171534j:plain

カモシカ「ほら、撮ったか?サービスやで」と言っているように思えました(笑)

距離を詰めたら、さすがに逃げ出していきました。

 

f:id:threepeaks:20190510171617j:plain

カモシカの話で興奮していたら、あっという間に赤松山に着きました。

山頂からコースタイムで50分くらいです。

 

f:id:threepeaks:20190510171657j:plain

右の方に「丸山→」と書かれた標識がありますが、別の登山口でのルートのようです。あまり人が通っている跡がないので、一度も入ったことがありません。

普通に道なりに下山しました。

 

f:id:threepeaks:20190510171725j:plain

赤松城山

 

f:id:threepeaks:20190510171748j:plain

車道に出ます。

 

f:id:threepeaks:20190510171830j:plain

f:id:threepeaks:20190510171858j:plain

鉄塔まで戻ってきました。

 

f:id:threepeaks:20190510171959j:plain

f:id:threepeaks:20190510172023j:plain

鉄塔下の急坂は滑りやすいので気をつけてゆっくり下りましょう。

 

f:id:threepeaks:20190510172051j:plain

f:id:threepeaks:20190510172132j:plain

f:id:threepeaks:20190510172212j:plain

左へ進むと、「金鶏橋」という小さな橋を経由して戻ることができます。また、トイレに早く行きたい人は、左から行くと近いです(笑)

 

f:id:threepeaks:20190510172305j:plain

f:id:threepeaks:20190510172409j:plain

登山口に戻ってきました!

 

宝珠山の感想

「宝珠山」は標高が低い割に山頂からの景色がとても良いので、好きな山の一つです。天気の良い日に一度登ってみてください。

なお、自然豊かな五頭連峰なので、先ほどのカモシカだけでなく、熊やイノシシ、猿の目撃情報がたまにあります。不安な人はなるべく複数で歩くようにしましょう。また、熊鈴なども着用していきましょう。

 

五頭山の天気 - てんきとくらす [天気と生活情報]

 

宝珠山下山後に立ち寄る温泉

登山口へ向かう途中にある「あかまつ荘」が近くて良いです。露天風呂が無いのが少し残念ですが。。。

保養センター『あかまつ荘』 - 新潟県阿賀野市役所

 

この日使用した主な道具

「アクエリアス 300gハンディパック」

春~秋まで、暑い日の登山用に冷凍庫で常に1,2個凍らせています。まとめ買いして、在庫を切らさないようにしています(笑)

 

 「サロモン TRAIL20」

荷物が少ないときに担いでいく超軽量バックパックです。

 

出湯温泉登山口からの「五頭山」(五ノ峰コース)
出湯温泉登山口からの「五頭山」(五ノ峰コース)
新潟県を代表する山「弥彦山」(表参道コース)
新潟県を代表する山「弥彦山」(表参道コース)

おもてなしの心溢れる柏崎の里山「南条八石山」(三ツ小沢コース~峰コース)
おもてなしの心溢れる柏崎の里山「南条八石山」(三ツ小沢コース~峰コース)
初めての登山装備と持ち物(バックパックについて)
初めての登山装備と持ち物(バックパックについて)