3PEAKS

新潟県在住のんびり山歩き 初心者、中級者向けおすすめ登山ルート、登山口情報、コースタイムなど


北アルプス「爺ヶ岳」で稜線歩きを楽しむ(柏原新道ピストン)

f:id:threepeaks:20210728183548j:plain

爺ヶ岳(じいがたけ)

・標高:2,670m

・所在地:長野県大町市、富山県中新川郡立山町

・南峰、中峰(本峰)、北峰の3峰からなるり、最高峰は中峰の2,670m

・山頂手前には営業小屋の「種池山荘」がある

・登山適期は例年6月~10月

 

「爺ヶ岳」は長野県と富山県の県境にあり、北アルプス(飛騨山脈)の後立山連峰に属します。その名前は残雪期に現れる”種蒔きをする老爺の雪形”が由来とされています。

夏期の「爺ヶ岳」(柏原新道)は北アルプスの中でも比較的登りやすく、稜線上から眺める景色は晴れていればとても素晴らしいものがあります。

この日は新潟県も熱中症警戒アラートが発せられる真夏日。少しでも涼しげで天気が良さそうな山に行こうということで”柏原新道”をピストンしてきました。

 

この日の山行記録

 

駐車場情報

f:id:threepeaks:20210728213005j:plain

f:id:threepeaks:20210731213609j:plain

この日は立山黒部アルペンルート「扇沢駅」の整備された有料駐車場を利用しました。1,000円/日かかりますが、きれいな水洗トイレと飲料の自動販売機があります。

 

f:id:threepeaks:20210728201918j:plain

当初は登山口に近い無料の市営駐車場を利用するつもりで出発したのですが、色々とトラブルが発生して到着が遅れてしまい、扇沢に着いた頃にはどこも満車状態でした。

 

この日のコース(ピストン)

f:id:threepeaks:20210728213108j:plain

柏原新道登山口 ⇒ 種池山荘 ⇒ 南峰 ⇒ 爺ヶ岳中峰(山頂) ⇒ 北峰 ⇒ 中峰 ⇒ 南峰 ⇒ 種池山荘 ⇒ 登山口

 

往復(周回)距離:13.5km 累積標高差:(上り)1,650m(下り)1,650m

標準コースタイム(夏期)は、往路4時間50分、復路4時間00分です。

 

※往復距離と累積標高差は概測です

 

 

 

柏原新道登山口 ⇒ 種池山荘

f:id:threepeaks:20210731174024j:plain

扇沢駅の駐車場から大町アルペンラインをテクテク下って登山口へ向かいました。のんびり歩いて20分くらい。涼しげに流れる水を眺めながら扇沢橋を渡ります。

 

f:id:threepeaks:20210731205853j:plain

扇沢橋のたもとにある柏原新道登山口へ。管理小屋横に登山相談所(登山シーズン限定)のテントが設置されていたので、ここで登山届を記入していきました。

 

f:id:threepeaks:20210731210928j:plain

山小屋からのお知らせや注意事項が書かれた看板があるので、確認して行きましょう。もともと山荘の宿泊に予約は必須ですが、コロナ禍ではテント場も事前予約が必要な山が増えています。事前にWebサイト等で情報を確認しましょう。

 

 

f:id:threepeaks:20210731211553j:plain

それではスタート。序盤はつづら折りの登りが続きます。割と急な箇所もあるので、あまり急がずにゆるゆる登ります。

 

f:id:threepeaks:20210731211731j:plain

木の根が張り巡った道が現れますが、それほど歩きにくい感じはしません。

 

f:id:threepeaks:20210731212344j:plain

その後に出てくる小さな木段がちょっと苦手な箇所。個人的に足のサイズや歩幅が合わないです(笑)

 

f:id:threepeaks:20210731212608j:plain

青空で気持ちがいい。気温もこの時点で18℃と快適でした。

 

f:id:threepeaks:20210731215237j:plain

「八ツ見ベンチ」に到着。ここでちょっと一休み。登るのは2回目でしたが、「八ツ見」って何だろう?と未だに分からないので登山相談所で聞けばよかった。でもすぐ忘れてしまう。

 

f:id:threepeaks:20210731215448j:plain

全体的にしっかりと整備されていて、道も迷いようが無く登りやすいです。

 

f:id:threepeaks:20210731215637j:plain

要所要所で親切な注意書きがあるので確認しながら歩きましょう。

 

f:id:threepeaks:20210731215729j:plain

f:id:threepeaks:20210731215759j:plain

徐々に見晴らしの良い所が増えてきます。鳴沢岳と岩小屋沢岳。あっちもいつか縦走してみたい。

 

f:id:threepeaks:20210731222054j:plain

後方には針ノ木岳と蓮華岳、下の方にスタート地点の扇沢駅が見えます。

 

f:id:threepeaks:20210731222249j:plain

ケルンが2か所あります。

 

f:id:threepeaks:20210731223124j:plain

再び樹林帯へ。日差しを避けられたのでまだマシでしたが、徐々に気温が高くなり蒸し暑くなってきました。汗ダラダラ。

 

f:id:threepeaks:20210731223453j:plain

「石畳」と呼ばれる岩の多い道が続きます。濡れていると滑りやすいので気をつけて歩きます。

 

f:id:threepeaks:20210731223607j:plain

岩の多い道から、「水平道」というとてもなだらかで歩きやすい道に変わります。いやぁ、なだらかな道って本当に気持ちがいいですね(笑)

柏原新道も後半に入ります。

 

f:id:threepeaks:20210731224321j:plain

「アザミ沢」。この辺りは秋にはアザミが沢山咲くそうです。

 

f:id:threepeaks:20210731224626j:plain

「種池山荘」もだいぶ近づいてきました。

 

f:id:threepeaks:20210731224833j:plain

「ガラ場」手前の注意書き。

 

f:id:threepeaks:20210731224904j:plain

f:id:threepeaks:20210731224926j:plain

雪渓を渡ります。ステップカットしてあったのでツボ足でも渡れました。ありがたいですね。落石が多い箇所なので、上方に注意しながら速やかに渡ります。そこに至る細いザレ場も滑りやすいので気をつけて歩きます。

 

f:id:threepeaks:20210731225140j:plain

雪渓を渡り切りました。

 

f:id:threepeaks:20210731225223j:plain

オニユリがちょっとだけ咲いていました。

 

f:id:threepeaks:20210731225640j:plain

勾配が上がってきます。

f:id:threepeaks:20210731225735j:plain

「鉄砲坂」が始まります。山荘まではあと15分と書いてあります。

 

f:id:threepeaks:20210731225814j:plain

山荘までもうちょっとなので頑張って登ります。

 

f:id:threepeaks:20210731225906j:plain

山荘手前。コバイケイソウが沢山咲いていました。

 

f:id:threepeaks:20210731230133j:plain

「種池山荘」に到着!後半は暑くて汗ダラダラかいたので、山荘で冷えたコーラを買って休憩。ちなみにこの「種池山荘」は焼きたてピザが食べられることで有名です。提供時間前だったので、山荘前にはピザ待ちと思われる人が沢山休憩していました。

 

 

種池山荘 ⇒ 爺ヶ岳山頂

f:id:threepeaks:20210731232514j:plain

この「種池山荘」が分岐にもなっていて、「針ノ木岳」方面にも進む道が続いています。「針ノ木岳」方面も魅力的ですが、今回は日帰りなので景色だけ眺めておきます。

 

f:id:threepeaks:20210731233030j:plain

上空の雲が気になりますが、「爺ヶ岳」へ向かいます。

 

f:id:threepeaks:20210731233127j:plain

草原とコバイケイソウがとても綺麗。

 

f:id:threepeaks:20210731233533j:plain

足元を見るとチングルマも沢山。

 

f:id:threepeaks:20210731233820j:plain

少し登った所から山荘方面を振り返ると、後方に立山と剱岳。

 

f:id:threepeaks:20210731234647j:plain

「鹿島槍ヶ岳」は雲がガッツリ。

 

f:id:threepeaks:20210731234846j:plain

「爺ヶ岳」も雲がかってきましたが、稜線上は涼しい風が吹いていて気持ちよく登ります。

 

f:id:threepeaks:20210731235918j:plain

3つのピークからなる「爺ヶ岳」。最初の南峰までもうちょっと。

 

f:id:threepeaks:20210731235950j:plain

南峰手前で人が固まって動かないなぁと思い近づいてみると、雷鳥がいました!約2年ぶりに雷鳥と出会えました。

 

f:id:threepeaks:20210801000200j:plain

かわいい。。。草むらに消えるまでしばらく雷鳥を眺めて癒されました。

 

f:id:threepeaks:20210801000356j:plain

南峰頂上に到着しました!種池山荘から南峰までは標準コースタイムで約40分です。なお、頂上には寄らずに先へ進む道もあります。

 

f:id:threepeaks:20210801105024j:plain

ちょっと雲が多かったですが、頂上からの見晴らしはとても良いです。お腹が空いてきたので、これから行く中峰と北峰を眺めながらご飯休憩。

 

f:id:threepeaks:20210801105105j:plain

夏は暑さ対策で、凍らせたペットボトル飲料を保冷バッグに入れて持っていきます。山頂でキンキンに冷えた飲み物を楽しむのが癖になります。

 

f:id:threepeaks:20210801122643j:plain

それでは最高峰の中峰へ向かいます。

 

f:id:threepeaks:20210801122728j:plain

f:id:threepeaks:20210801125013j:plain

ガスが多いものの、谷底から吹きあがってくる風がヒンヤリしていてとても気持ちが良かったです。

 

f:id:threepeaks:20210801125121j:plain

f:id:threepeaks:20210801125156j:plain

f:id:threepeaks:20210801125237j:plain

中峰も南峰と同様、頂上に行くこともできますし、巻き道で迂回することができます。

 

f:id:threepeaks:20210801125544j:plain

「爺ヶ岳」最高峰の中峰(標高2,670m)に到着!南峰から標準コースタイムで15分です。残念なことにガスガスで眺望なし(笑)

 

f:id:threepeaks:20210801181003j:plain

最後に北峰へ向かいます。日帰りの場合、北峰に寄らない人も多いです。

 

f:id:threepeaks:20210801181434j:plain

中峰から北峰までは標準コースタイムで20分です。

 

f:id:threepeaks:20210801181849j:plain

北峰に向かう途中、左手を眺めると黒部峡谷とその奥の立山連峰に光が差してきれいでした。

 

f:id:threepeaks:20210801182859j:plain

ちなみに最後の北峰は、植生保護エリアなので頂上まで登れません。GPSマップを見ながら、だいたいここら辺かな?という場所で見上げた写真。

 

 

(おまけ)爺ヶ岳山頂 ⇔ 冷池山荘

f:id:threepeaks:20210802210135j:plain

北峰で折り返す予定でしたが、ガスが多くてかなり不完全燃焼。体力的にも時間的にも余裕があったので、もうちょっと先へ足を延ばしてみました。

※爺ヶ岳北峰から先の山行は、先述の距離や標高差、コースタイムに含まれていません。

 

f:id:threepeaks:20210802210305j:plain

相変わらずガスが凄くて、「鹿島槍ヶ岳」どころか「冷池山荘」すらも見えません。。。

 

f:id:threepeaks:20210802210405j:plain

色々とすっ飛ばして、「赤岩尾根分岐」まで来ました。右に行くと「赤岩尾根」経由で大谷原に下るコースです。

まだ余裕があったので、とりあえず行ったことの無い「冷池山荘」まで行こうと、真っ直ぐ道なりに進みました。

 

f:id:threepeaks:20210802210735j:plain

樹林帯に入って少し登って行きます。

 

f:id:threepeaks:20210802210923j:plain

「冷池(つめたいけ)山荘」に着きました。

 

f:id:threepeaks:20210802210958j:plain

f:id:threepeaks:20210802211735j:plain

お腹が空いてきたので、山荘でカレーを注文。

 

f:id:threepeaks:20210802211017j:plain

レトルトでしたが、山荘前のベンチで素敵な景色を眺めながらなので、めちゃんこ美味しかったです。

 

f:id:threepeaks:20210802212100j:plain

一瞬、「鹿島槍ヶ岳」まで行ってみようかなとも考えましたが、とても疲れそうだったので即やめました(笑)行くなら泊まりですね。

 

f:id:threepeaks:20210802211842j:plain

冷池。

 

f:id:threepeaks:20210802212027j:plain

では、「種池山荘」へ戻ります。

 

f:id:threepeaks:20210802212407j:plain

うん、なかなか遠いな(笑) 

 

f:id:threepeaks:20210802212526j:plain

北峰へ向かう途中で振り返ると、さっきはガスで全然見えなかった「冷池山荘」と奥の「鹿島槍ヶ岳」。

 

f:id:threepeaks:20210802212655j:plain

「赤岩尾根分岐」。

 

f:id:threepeaks:20210802212759j:plain

天気が良くなると、とても素晴らしい景色が楽しめます。 

 

 

爺ヶ岳山頂 ⇒ 登山口

f:id:threepeaks:20210802213009j:plain

f:id:threepeaks:20210802213130j:plain

雲は多めでしたが、往路よりも景色が遠くまで見渡せました。

 

f:id:threepeaks:20210802213308j:plain

復路は巻き道をのんびり。心地よい風も吹き、景色も良いし最高です!

 

f:id:threepeaks:20210802213532j:plain

復路も南峰頂上へ寄り道。

 

f:id:threepeaks:20210802213947j:plain

南峰頂上から中峰、北峰を振り返る。奥の鹿島槍ヶ岳は再びガスの中。

 

f:id:threepeaks:20210802214059j:plain

種池山荘へ下ります。

 

f:id:threepeaks:20210802214213j:plain

奥の立山連峰の存在感ハンパない!

 

f:id:threepeaks:20210802214600j:plain

f:id:threepeaks:20210802214716j:plain

種池山荘へ戻り、再び冷えたコーラをGET!(笑)この日だけでコーラ2本で800円...駐車場料金やカレーライスなど、この日はちょっと無駄遣いが多かったなぁ。おかげで快適だったけど。

 

f:id:threepeaks:20210802215102j:plain

コーラ休憩も終わったので下山します。

 

f:id:threepeaks:20210802215147j:plain

コバイケイソウの群生。

 

f:id:threepeaks:20210802215229j:plain

下りも富士山見えず。

 

f:id:threepeaks:20210802215304j:plain

f:id:threepeaks:20210802215323j:plain

細くてザレた道。この日一番慎重に歩きました。

 

f:id:threepeaks:20210802215412j:plain

往路では人が多くて座れなかった「石ベンチ」。

 

f:id:threepeaks:20210802215447j:plain

「石畳」。往路よりも乾いていて歩きやすかったです。

 

f:id:threepeaks:20210802215648j:plain

「駅見岬」。スタート地点の「扇沢駅」が見えます。ここら辺から暑くて再び汗を沢山かきました。

 

f:id:threepeaks:20210802215952j:plain

f:id:threepeaks:20210802220015j:plain

f:id:threepeaks:20210802220028j:plain

歩きやすい道が多いので、テンポよく下ります。

 

f:id:threepeaks:20210802220059j:plain

登山口まで戻ってきました。その後、20分ぐらいかけて「扇沢駅」まで登り直し(笑)、駐車場へ戻りました。おしまい。

 

 

爺ヶ岳の感想

「爺ヶ岳」は山頂や稜線からの見晴らしの良さときれいな景色、登山口へのアクセスの良さと登りやすさ等から、日帰りできる北アルプスの山の一つとして人気です。また日帰りだけでなく、鹿島槍ヶ岳や針ノ木岳など後立山連峰の縦走中間地点としても人気で、山小屋泊やテント泊をする人も多いです。この日も泊まり装備の人が多かったです。

とても良い景色の爺ヶ岳(というか北アルプス)ですが、午後にはガスが上がってきやすいので、日帰りの場合はなるべく早い時間に登り出すことをおススメします。駐車場も良い場所をGETしやすいですし。

 

この日立ち寄った日帰り温泉

大町温泉郷で唯一の日帰り温泉施設とのことで登山客に人気です。

 

この日使用した主な道具

SPORTIVA(スポルティバ) トランゴ TRK GTX

アルパインブーツを多く出しているSPORTIVAによる軽量のトレッキングブーツ。片足600g未満とライト系でありながら、岩場の多い山にも対応しているのでおススメ。

 

ISUKA(イスカ)フォールドアップクーラー L

使用しないときはコンパクトに畳める保冷バッグです。凍らせたペットボトル飲料を保冷剤代わりに入れれば、長い山行時も炭酸飲料を冷たいまま持ち運べます。

 

東京ベル 森の鈴(BEAR BELL) 消音機能付

簡単にONとOFFを切り替えられ、カラビナもついているので便利です。音はガチャガチャしておらず、余韻の残る澄んだ音色です。

 

ハッカ油スプレー

虫よけに使用します。自分は露出している肌だけでなく、ウェアや帽子などにもスプレーします。帽子のツバにスプレーしておくと、顔の周りにあまり寄ってこないです。なお、顔へ直接スプレーすると目に入って痛い思いをするので、手にとってから塗ると良いでしょう。

 

 

登山において参考にしている天気予報サイトとアプリ
登山において参考にしている天気予報サイトとアプリ
初めての登山装備と持ち物(シューズについて)
初めての登山装備と持ち物(シューズについて)
初めての登山装備と持ち物(ウェアについて)
初めての登山装備と持ち物(ウェアについて)
初めての登山装備と持ち物(バックパックについて)
初めての登山装備と持ち物(バックパックについて)