3PEAKS

☆新潟県在住のんびり山歩き 初心者、中級者向けおすすめ登山ルート、登山口情報☆


西山三山の真ん中「高立山」大沢森林公園から

f:id:threepeaks:20190614204408j:plain

高立山(たかたてやま)

・標高:276m

・所在地:五泉市、新潟市秋葉区

・護摩堂山、菩提寺山と合わせて「西山三山」と呼ばれている

・山頂にはテーブルやベンチ、小屋もある

・例年12月中旬~2月は積雪期となる

 西山三山(護摩堂山、高立山、菩提寺山)の中で最も認知度が低そうな「高立山」。でも日差しの強い夏の日に、軽くハイキングしたいな~という時にピッタリの山だと思うんです。

この日は「大沢森林公園」からスタートして、菩提寺山を経由して公園に戻ってくるコースで行ってきました。

 

この日の山行記録

 

駐車場情報

新潟市秋葉区にある「大沢森林公園」を起点にします。Google Mapだと「大沢公園」になってますね。車のナビで検索されない場合は、緯度経度を「37 43 59 139 06 00」で指定してみてください。

 

f:id:threepeaks:20190614221023j:plain

公園までは、ちょっと細めの見通しの悪い道があるので対向車に注意してください。走ってくると、このT字路にたどり着きます。満車じゃん!って思っても安心してください。右に曲がると他にも駐車場があります。

 

f:id:threepeaks:20190614221331j:plain

右の道を進むとすぐにトイレがあり、その奥に10台ぐらいはとめられる駐車場があります。

 

この日のコース

f:id:threepeaks:20190614225906j:plain

大沢森林公園 ⇒ 高立山山頂 ⇒ 菩提寺山 ⇒ 大沢森林公園 です!

かなりザックリですみません。標準コースタイムは不明ですが、ゆっくり登り下りしても4時間あれば周回できると思います(休憩時間は別途)。

 

 

登山開始~高立山山頂まで

f:id:threepeaks:20190614230556j:plain

まずはこの吊り橋を渡ります。

 

f:id:threepeaks:20190614230801j:plain

すると広場があります。なかなか気持ちの良い広場です。

 

f:id:threepeaks:20190614230846j:plain

水場もあります。バーベキューができそうですね。でも焚き火は禁止らしいです。

 

f:id:threepeaks:20190614230940j:plain

広場の左奥に進むと登山口があります。

 

f:id:threepeaks:20190614231028j:plain

登山口です。以前は小さな標識があったような気がするのですが、なかなかの分かりづらさです(笑)

 

f:id:threepeaks:20190614231750j:plain

最初は階段でグイグイ登って行きます。

 

f:id:threepeaks:20190614231930j:plain

すぐになだらかになります。ちょくちょく急坂となだらか道が交互に出てきます。

 

f:id:threepeaks:20190614232035j:plain

もうすぐ隣の護摩堂山では大輪を咲かせるでしょう。でも、こういう不完全?な小さなのもかわいいもんです。

 

f:id:threepeaks:20190614232301j:plain

f:id:threepeaks:20190614232340j:plain

このコース、基本的に木陰ばかりなので日差しの強い夏でもそんなに暑くないです。緑のシャワーが心地よいですねー。

 

f:id:threepeaks:20190614232602j:plain

f:id:threepeaks:20190614232636j:plain

f:id:threepeaks:20190614232756j:plain

木々に遮られている分、遠くの景色は見渡せないので、近くの植物を眺めながら歩きましょう。

 

f:id:threepeaks:20190614232821j:plain

f:id:threepeaks:20190614232841j:plain

ん?「尾」は発音しないの?

 

f:id:threepeaks:20190614232915j:plain

T字路に出るので、右へ進みます。

 

f:id:threepeaks:20190614233048j:plain

せっかく登ってきたのに、いちど下ります。

 

f:id:threepeaks:20190614233131j:plain

このベンチの所で左に曲がります。さりげなく木に「←高立山」と書かれた標識がついています。

 

f:id:threepeaks:20190614233738j:plain

さらに下ります。

 

f:id:threepeaks:20190614233804j:plain

鞍部まで下ると、しばらくなだらかな道が続きます。

f:id:threepeaks:20190614233845j:plain

この日はほとんど見かけませんでしたが、高立山の方にも紫陽花が咲きます。

 

f:id:threepeaks:20190614234057j:plain

高立山への最後の登りが現れた!この山、最初と最後がキツいです。でもゆっくり登ればそんなに疲れません。

 

f:id:threepeaks:20190614234231j:plain

直登する道と巻き道に途中で分かれますが、いつも直登の方を進んでしまいます。でもなぜか山頂には巻き道の方が近かったりします...

 

f:id:threepeaks:20190614234507j:plain

尾根に上がると、T字路に出ます。山頂方向を示す標識があるので、それに従って右へ進みます。(左へ行くと菩提寺山方面です)

 

f:id:threepeaks:20190614234619j:plain

f:id:threepeaks:20190614234636j:plain

山頂小屋が見えてきました。

f:id:threepeaks:20190614234704j:plain

高立山の山頂に到着です!標高276mですが、西山三山の中では最高峰です。

 

f:id:threepeaks:20190614234827j:plain

五頭連峰や菅名岳などが見えます。ベンチもあるので、景色を眺めながら休憩しましょう。

 

f:id:threepeaks:20190614235309j:plain

f:id:threepeaks:20190614235322j:plain

f:id:threepeaks:20190615000045j:plain

反対側には弥彦山や角田山も見えます。

 

f:id:threepeaks:20190615000157j:plain

山頂小屋です。ストーブもあるので、冬場にはお世話になることも多いです。

 

 

高立山~菩提寺山~大沢森林公園まで

高立山で満足したら、登ってきた道をそのまま下山すると良いと思います。

物足りないなーと思ったら、菩提寺山へ周回して下山しましょう。菩提寺山へは、来た道を少し戻ります。

f:id:threepeaks:20190615000324j:plain

この場所は先ほどの直登してきた道(まっすぐ)と巻き道(左)です。まっすぐ進みます。

f:id:threepeaks:20190615001007j:plain

先ほどのT字路です。ここも真っ直ぐ進みます。

 

f:id:threepeaks:20190615001156j:plain

f:id:threepeaks:20190615001311j:plain

どんどん下って行きます。

 

f:id:threepeaks:20190615001418j:plain

途中、右側が切れ落ちている細い道があるので、足を滑らさないよう気をつけてください。

 

f:id:threepeaks:20190615001600j:plain

竹林があります。

 

f:id:threepeaks:20190615001840j:plain

テクテク下っていくと、林道に出るので左へ進みます。

 

f:id:threepeaks:20190615002033j:plain

20~30分くらい林道を歩きます。日差しが強いと暑いです(大汗)

 

f:id:threepeaks:20190615002146j:plain

分岐に出るので左へ進みます。標識を確認しながら進みましょう。

 

f:id:threepeaks:20190615002302j:plain

また分岐があります。今度はまっすぐ進みます。

 

f:id:threepeaks:20190615002401j:plain

すると左手に菩提寺山への登山口があります。

 

f:id:threepeaks:20190615002640j:plain

長々と林道を歩いた甲斐があって?ここから菩提寺山山頂まで約15分で着きます。

 

f:id:threepeaks:20190615002749j:plain

f:id:threepeaks:20190615002822j:plain

f:id:threepeaks:20190615002844j:plain

お地蔵さんが沢山並んでいる分岐があるので、右の方へ登って行きます。

f:id:threepeaks:20190615003029j:plain

すぐに山頂が見えてきます。

 

f:id:threepeaks:20190615003148j:plain

f:id:threepeaks:20190615003204j:plain

菩提寺山山頂です!

菩提寺山の山頂については過去記事をご参照ください↓

 

f:id:threepeaks:20190615003245j:plain

この日のお昼ご飯はおにぎり2個。あっという間に完食。

 

f:id:threepeaks:20190615003604j:plain

さて、帰りますか。先ほど登ってきた道から下ります。

 

f:id:threepeaks:20190615003726j:plain

お地蔵さんの所を今度は右側へ進みます。

 

f:id:threepeaks:20190615003811j:plain

ちょっと進むと分岐があるので、左へ進みます。こちら側からだと標識が裏になっていて分かりません。

f:id:threepeaks:20190615003906j:plain

標識の表を確認。「大沢公園」の方へ進むので合ってます。

 

f:id:threepeaks:20190615004011j:plain

あとはひたすら緩やかな下り坂をテクテク歩くだけです。とても歩きやすい道です。トレイルランニングしている人もよく見かけます。

 

f:id:threepeaks:20190615004230j:plain

森林浴しながら帰りましょう。

 

f:id:threepeaks:20190615004318j:plain

途中、こんな感じで二手に分かれる箇所がいくつかあります。どちらに進んでもそのうち合流します。

 

f:id:threepeaks:20190615004527j:plain

こんな展望台もあるのですが、二手に分かれる道の選択次第ではここは通りません。

f:id:threepeaks:20190615004738j:plain

東屋もあります。

f:id:threepeaks:20190615004825j:plain

f:id:threepeaks:20190615004809j:plain

景色もなかなか良いです。

 

f:id:threepeaks:20190615004937j:plain

では再び下山路へ。

 

f:id:threepeaks:20190615005008j:plain

ゴールが見えてきました。

 

f:id:threepeaks:20190615005032j:plain

大沢公園に戻ってきました!

 

 

高立山の感想

高立山は日差しを避けてハイキングしたい時にはとてもおススメです。また、山頂にはベンチやテーブル、小屋もあるのでまったりとお昼休憩するのもいいですね。菩提寺山よりも比較的空いている点もポイント高いです。

菩提寺山や護摩堂山は行ったことあるけど、高立山は未踏という方はぜひ行ってみてください。

 

高立山下山後に立ち寄りたい温泉とスポット

f:id:threepeaks:20190614214023j:plain

温泉は、大沢森林公園に近い「花の湯館」がおススメです。アヒルのおもちゃが沢山浮いています。

f:id:threepeaks:20190614214050j:plain

2階にある「温泉カフェ わかば」が美味しくてオシャレです。

 

それと、もう一つ暑い日の下山後におススメしたいのがこちら!

f:id:threepeaks:20190614214144j:plain

美味しいジェラート店「Sorriso(ソリッソ)」。ここも大沢森林公園の近くです。

f:id:threepeaks:20190614214158j:plain

美味しいですよ~。 ジェラート専門店  Sorriso(ソリッソ)

 

この日使用した主な道具

「Nikon デジタル一眼レフカメラ D3500」

初心者向けのデジタル一眼レフカメラ。軽量なので登山にも持っていきやすい。

 

「メレル カメレオン7ストーム ミッドゴアテックス」

ミッドカットで足首まで保護しながら、軽量で疲れにくいトレッキングシューズ

 

 「サロモン TRAIL20」

荷物が少ないときに担いでいく超軽量バックパックです。

 


山形を代表する出羽三山の主峰「月山」へ
山形を代表する出羽三山の主峰「月山」へ
爽やかな草原と湿原広がる「巻機山」へ(井戸尾根コース)
爽やかな草原と湿原広がる「巻機山」へ(井戸尾根コース)
広大で美しい稜線歩きを楽しむ「平標山」と「仙ノ倉山」
広大で美しい稜線歩きを楽しむ「平標山」と「仙ノ倉山」
初めての登山装備と持ち物(バックパックについて)
初めての登山装備と持ち物(バックパックについて)