3PEAKS

☆新潟県在住のんびり山歩き 初心者、中級者向けおすすめ登山ルート、登山口情報☆


天気の良い冬の「谷川岳」で絶景を眺める(天神尾根コース)

f:id:threepeaks:20200208133719j:plain

谷川岳(たにがわだけ)

・標高:1,977m

・所在地:群馬県利根郡みなかみ町、新潟県南魚沼郡湯沢町

・日本百名山

・「谷川岳ロープウェイ」を利用して、標高1,300m位から登山を開始することができる

・例年11月~4月上旬は積雪期

 

以前、夏期の「谷川岳」についてご紹介しましたが、今回は冬の「谷川岳」です。つまり雪山。登山を始めた頃は冬の谷川岳に登るなんて想像もしていませんでしたが、今では毎年登るようになりました。ロープウェーで標高を稼げて、(天気が良ければ)山頂からの景色が素晴らしいので、冬でも多くの登山者に人気です。

 

今回は2月上旬の平日に登ってきました。てんくらA、見晴らし予報も良さそうということで天気の悪い新潟を抜け出し、みなかみ町へ向かいました。

 

この日の山行記録

 

 

 駐車場情報

駐車場情報とベースプラザについては夏期に行った時の記事をご参照ください。

 

f:id:threepeaks:20200208140221j:plain

ロープウェー往復チケットを購入。チケット売り場横に登山ポストがあるので、必ず登山届を出してから行きましょう。

 

この日のコース(ピストン)

f:id:threepeaks:20200208143145j:plain

土合口駅 ⇒ 天神平駅 ⇒ 避難小屋 ⇒ 肩ノ小屋 ⇒ 山頂(オキの耳) ⇒ 肩ノ小屋 ⇒ 避難小屋 ⇒ 天神平駅 ⇒ 土合口駅

 

往復距離:7.0km 累積標高差:(上り)870m(下り)870m

標準コースタイム(夏期)は、往路2時間40分、復路2時間10分です。

冬期(雪山)のコースタイムは一般的に夏期よりも長くかかります。積雪量や天気によって大きく影響されるので、余裕を持った計画を立てましょう。

 

※「天神平駅」を起点にした数値になっています(距離、標高差、時間)

※往復距離と累積標高差は概測です

 

 

天神平駅 ⇒ 肩ノ小屋

f:id:threepeaks:20200208140155j:plain

ロープウェーで「天神平駅」に到着。アイゼンを装着したりして身支度を整えます。

 

f:id:threepeaks:20200208143915j:plain

谷川岳が見える方向のゲレンデ横に登山コースがあります。夏期は巻き道でゆるゆる天神尾根へ上がる感じですが、冬期は直登気味に上がります。

 

f:id:threepeaks:20200208144122j:plain

前日に雪がそこそこ降ったらしいのですが、先行の人たちが作ってくれたトレースのおかげでかなり楽でした。ありがたいですね~。

 

f:id:threepeaks:20200208144542j:plain

序盤の急坂を登りきったところで振り返るとこんな感じ。

 

f:id:threepeaks:20200208144808j:plain

そこから先はトラバース道になるのでかなり楽になります。

 

f:id:threepeaks:20200208145012j:plain

尾根に上がってしばらくなだらかな道が続きます。

 

f:id:threepeaks:20200208145224j:plain

f:id:threepeaks:20200208194943j:plain

青空で本当に気持ちがいい!尾根に上がってからは見晴らしもいい!

 

f:id:threepeaks:20200208195045j:plain

f:id:threepeaks:20200208195116j:plain

避難小屋が見えてきました。

 

f:id:threepeaks:20200208195145j:plain

例年この時期は埋まってほぼ見えなくなるので、やはり暖冬で雪が少ないのでしょう。

 

f:id:threepeaks:20200208195336j:plain

ここから山頂まではひたすら登りが続きます。

 

f:id:threepeaks:20200208195441j:plain

傾斜の角度はこんな感じ。

 

f:id:threepeaks:20200208195533j:plain

でも景色が良いので全然辛くない。

 

f:id:threepeaks:20200208195641j:plain

f:id:threepeaks:20200208195724j:plain

暑くなってきたので、ここで上着を脱ぎました。

 

f:id:threepeaks:20200208200346j:plain

f:id:threepeaks:20200208200407j:plain

「天狗のとまり場」。

 

f:id:threepeaks:20200208200731j:plain

f:id:threepeaks:20200208200957j:plain

「(天神尾根の)ザンゲ岩」。風が強くなってきて急激に寒くなってきたので、さっき脱いだ上着をここでまた着ました(笑)

 

f:id:threepeaks:20200208201211j:plain

小屋とケルンが見えてきました。

 

f:id:threepeaks:20200208201308j:plain

「肩ノ小屋」に到着。雪化粧してまるでケーキのよう。

 

 

 

 

肩ノ小屋 ⇒ 谷川岳山頂

f:id:threepeaks:20200208221055j:plain

では、まず「トマの耳」へ向かいます。

 

f:id:threepeaks:20200208201915j:plain

「トマの耳」は近いのですぐに着きます。景色が360°見渡せます。

 

f:id:threepeaks:20200208220820j:plain

f:id:threepeaks:20200208202036j:plain

絶景ですなー。

 

f:id:threepeaks:20200208202150j:plain

次は「オキの耳」に行きます。冬は「トマ」で折り返す人も多いです。

 

f:id:threepeaks:20200208202255j:plain

鞍部までの急坂を下ります。雪面がちょうどいい感じだったので、アイゼンがよく効いて下りやすかったです。

 

f:id:threepeaks:20200208202409j:plain

f:id:threepeaks:20200208202439j:plain

自然の造形美。

 

f:id:threepeaks:20200208202506j:plain

f:id:threepeaks:20200208202524j:plain

f:id:threepeaks:20200208202614j:plain

雪で「谷川」までしか見えませんが、「オキの耳」(標高1,977m)に到着!

※カメラの設定を間違えてしまい、写真に変なエフェクトかかっています(笑)

 

f:id:threepeaks:20200208215501j:plain

「オキの耳」の先の「富士浅間神社奥の院」まで行ってみました。1人先行して行かれた方のトレースがあったので歩きやすかったです。

※ピッケルで滑落停止できない人は、「オキの耳」までにした方がよいです。

 

f:id:threepeaks:20200208210457j:plain

途中、滑り落ちたらヤバそうな箇所もあります。

 

f:id:threepeaks:20200208210133j:plain

「奥の院」に到着。鳥居も雪で隠れそう。お参りして戻りました。

 

f:id:threepeaks:20200208210411j:plain

壮大な谷川連峰。

 

f:id:threepeaks:20200208203630j:plain

シュカブラ(雪風紋)がきれいでした。

 

戻る途中に景色を撮影した動画です。 

 

 

 

谷川岳山頂 ⇒ 土合口駅

f:id:threepeaks:20200208220321j:plain

「オキの耳」を経由して「トマの耳」へ戻ります。

 

f:id:threepeaks:20200208210844j:plain

f:id:threepeaks:20200208214442j:plain

f:id:threepeaks:20200208220633j:plain

「トマの耳」から「肩ノ小屋」へ下ります。

 

f:id:threepeaks:20200208220936j:plain

f:id:threepeaks:20200208221709j:plain

「肩ノ小屋」まで戻り、ここでお昼休憩。

なお、小屋のトイレは冬期閉鎖で使用できません。小屋も無人になり、緊急時の避難小屋となります。

 

f:id:threepeaks:20200208221444j:plain

さてご飯も食べたし下山しまーす。

 

f:id:threepeaks:20200208222051j:plain

f:id:threepeaks:20200208222240j:plain

f:id:threepeaks:20200208222320j:plain

急坂の下りは雪がモフモフの所をあえて歩いていきます。危険箇所でなければ、固い斜面を歩くより楽です。

 

f:id:threepeaks:20200208222618j:plain

f:id:threepeaks:20200208222651j:plain

f:id:threepeaks:20200208222841j:plain

f:id:threepeaks:20200208222929j:plain

後半はBCの人たちの滑った跡で登山トレースが分かりにくくなっていました。ルートを間違えないように確認しながら歩きます。

 

f:id:threepeaks:20200208223124j:plain

「天神平駅」が見えてきました。

 

f:id:threepeaks:20200208223207j:plain

登ってきた時と同じようにロープ伝いに下ります。

 

f:id:threepeaks:20200208223341j:plain

「天神平駅」に戻ってきました。 おしまい。

 

冬の谷川岳(天神尾根コース)の感想

谷川岳はロープウェーで標高を稼げるのと、危険箇所が少なく、景色が素晴らしいので、冬も大人気で多くの登山者が訪れます。天気が良く、雪の状態が良い土日になると、ボーダーやスキーヤーも相俟ってチケット購入窓口に長蛇の列ができます。

なお、BCの人たちが滑り降りた後だと、登山者のトレースが分かりにくくなるので注意が必要です。なるべく早い時間帯に下山できれば、トレースもそれほど荒れていないと思います。

 

下山後に立ち寄った温泉

f:id:threepeaks:20200208223911j:plain

今回も「ホテル湯の陣」に寄りました。露天風呂は気持ちいいし、食事もできるし、休憩場所もあるし、お土産も買えます。ロープウェー乗車券提示で割引になります。

 

この日使用した主な道具

ペツル(PETZL) クランポン イルビス(IRVIS)

ペツルの10ポイント長爪クランポン(アイゼン)です。後ろコバがあるブーツに対応。クランポンのベイルを交換することで、前コバのあるブーツにも対応できます。

 

前後にコバの無いブーツの場合はこちら。

 

 

ISUKA ゴアテックス ライトスパッツ

冬用のスパッツ(ゲイター)です。Gore-Texなので撥水力が高く、ロングなので靴への雪の侵入を防げます。ストレートデザインなので足元がすっきり見えます。

 

登山において参考にしている天気予報サイトとアプリ
登山において参考にしている天気予報サイトとアプリ
初めての登山装備と持ち物(シューズについて)
初めての登山装備と持ち物(シューズについて)
初めての登山装備と持ち物(ウェアについて)
初めての登山装備と持ち物(ウェアについて)
初めての登山装備と持ち物(バックパックについて)
初めての登山装備と持ち物(バックパックについて)