3PEAKS

☆新潟県在住のんびり山歩き 初心者、中級者向けおすすめ登山ルート、登山口情報☆


裏参道コースからの弥彦山

f:id:threepeaks:20190409223014j:plain

弥彦山(やひこやま)

・標高:634m(東京スカイツリーと同じ高さ)

・所在地:長岡市、弥彦村

・9合目までは車やロープウェイでも行け、売店やレストランもある

・山頂には弥彦神社の御神廟がある

・裏参道コースは長岡市の西生寺近くから登る

 

この日の山行記録

 

この日のコースと登山口情報

弥彦山の登山コースとしては主に3つあります(登山口概要/標準コースタイム)

①表参道コース(弥彦神社から/登り1.5時間+下り1時間)

②裏参道コース(長岡市の西生寺から/登り2.0時間+下り1.5時間)

③田ノ浦コース(新潟市西蒲区間瀬から/登り2.5時間+下り2.0時間)

弥彦山への登山コースは弥彦神社からの「表参道コース」が一般的ですが、日本海側から登る「裏参道コース」も地味に人気があります。4月上旬に登ってきた記録です。

f:id:threepeaks:20190409223939j:plain

「裏参道コース」の登山口は、長岡市の「西生寺」近くにあります。上の写真で右に行くと登山口と登山者用駐車場があります。トイレは無いので事前に済ませてくるか、山頂まで我慢してください(笑)

 

f:id:threepeaks:20190409225100j:plain

駐車場は車の大きさや、先に停めている人の位置などに影響されますが、15台くらいは停められそうな気がします。区画がいくつか分かれているのですが、上に行くほど道が狭く急坂になっているので、大きな車はなるべく下の区画に停めた方がいいです。

 

登山開始~弥彦山山頂へ

f:id:threepeaks:20190409225712j:plain

駐車場奥の道を進むと登山道に入ります。

f:id:threepeaks:20190409225741j:plain

最初の分岐です。標識どおり「↑登山道」の方向に進みます。

 

f:id:threepeaks:20190409225918j:plain

なだらかな坂道がつづら折りに続きます。

 

f:id:threepeaks:20190409230052j:plain

2つ目の分岐。左へ行くと西生寺の裏側へ行ってしまいます。右へ進みましょう。

 

f:id:threepeaks:20190409230245j:plain

しばらく歩くと、 弥彦スカイラインに出るので、車に注意して横断します。

 

f:id:threepeaks:20190409230739j:plain

横断した先の道でいきなり分岐がありますが、先の方で合流するのでどちらを進んでも大丈夫です。

 

f:id:threepeaks:20190409230914j:plain

この日は右側の階段の道を行きました。

 

f:id:threepeaks:20190409231041j:plain

こんな小さな標識がちょこちょこ設置されています。見ると、距離と標高、周辺の解説が書かれているので、読みながら歩くと参考になります。

 

f:id:threepeaks:20190409231426j:plain

先ほどの分かれた道と合流します。

 

f:id:threepeaks:20190409231514j:plain

ここを上がると、雨乞山からの縦走路と合流します。

 

f:id:threepeaks:20190409231806j:plain

案内図があるので確認します。

 

f:id:threepeaks:20190409231851j:plain

左へ行くと、再び弥彦スカイラインが見えてきます。

 

f:id:threepeaks:20190409231944j:plain

今度はスカイラインを横断せず、道沿いに登ります。

 

f:id:threepeaks:20190409232118j:plain

しばらく登っていくと分岐があるので、右の階段を登っていきます。

※左へ行ってもまた合流しますが、ブル道なので砂利が多くちょっと登りづらいです。

 

f:id:threepeaks:20190409232409j:plain

見晴らしの良い場所に出ます。ベンチが2つあり、休憩するにはとても良い場所です。裏参道コースで最も好きな場所です。

 

f:id:threepeaks:20190409232600j:plain

山頂へ向かいます。

 

f:id:threepeaks:20190409232813j:plain

途中、八枚沢登山道との合流地点があります。

 

f:id:threepeaks:20190409233032j:plain

f:id:threepeaks:20190409233113j:plain

山頂手前の鳥居横に出ます。

 

f:id:threepeaks:20190409233216j:plain

山頂に到着です!

 

f:id:threepeaks:20190409233309j:plain

f:id:threepeaks:20190409233359j:plain

 

展望レストランと展望台に寄り道

f:id:threepeaks:20190409233500j:plain

久々に展望レストランでご飯を食べるので、一度九合目まで下ります。

 

f:id:threepeaks:20190409233706j:plain

f:id:threepeaks:20190409233729j:plain

2階の展望レストランに行きます。1階にも軽食を食べられる所があります。

 

f:id:threepeaks:20190409233910j:plain

「日本海夕日らーめん」見た目はウケ狙いな感じですが、味しかったです。

 

f:id:threepeaks:20190409234048j:plain

屋上に展望台があります。風の強い日は帽子が飛ばされないように気をつけてください(過去に飛ばされた人)。

 

f:id:threepeaks:20190409234241j:plain

f:id:threepeaks:20190409234311j:plain

 

f:id:threepeaks:20190409234606j:plain

 

下山開始~西生寺~駐車場

ご飯も食べたし、下山します。下山と言っても、また山頂付近まで戻るのですが。

f:id:threepeaks:20190409234709j:plain

鳥居の横から下山します。 

 

f:id:threepeaks:20190409234819j:plain

再びこの展望スポットに戻ってきました。天気が良いと本当に最高の場所です。

f:id:threepeaks:20190409234944j:plain

f:id:threepeaks:20190409235009j:plain

 

f:id:threepeaks:20190409235217j:plain

景色も堪能したので下ります。

 

f:id:threepeaks:20190409235258j:plain

ブル道と合流します。

 

f:id:threepeaks:20190409235330j:plain

スカイライン沿いを下ります。

 

f:id:threepeaks:20190409235421j:plain

f:id:threepeaks:20190409235505j:plain

f:id:threepeaks:20190409235623j:plain

ひたすら来た道を下ります。

 

f:id:threepeaks:20190409235552j:plain

すっ飛ばして、2つ目の分岐まで戻ってきました。この時点で「疲れたな~」という人は、登ってきた道をそのまま下ればすぐに駐車場へ着きます。「物足りないな~」という人は、西生寺方面へ回り道をしてみてください。

 

f:id:threepeaks:20190410000029j:plain

この日は西生寺方面へ回り道をしてみました。通常コースよりプラス20分ぐらいかかる感じです。

 

f:id:threepeaks:20190410000113j:plain

結構な段差の石段が連続します。登りに使いたくない道です(笑)

 

f:id:threepeaks:20190410000227j:plain

西生寺に着きました。ちょっと見学していきます。

 

f:id:threepeaks:20190410000313j:plain

f:id:threepeaks:20190410000350j:plain

f:id:threepeaks:20190410000505j:plain

f:id:threepeaks:20190410000525j:plain

f:id:threepeaks:20190410000559j:plain

f:id:threepeaks:20190410000617j:plain

f:id:threepeaks:20190410000649j:plain

駐車場に戻ってきました!写真右下の箇所に靴の洗い場があるので、汚れを落とすことができます。

弥彦山裏参道コースの感想

裏参道コースは、個人的には表参道よりも好きなコースです。表よりも利用する人が多くないということもあり、天気の良い日に海を眺めながら休憩できるスポットを独占できた時は至福のひとときが過ごせます。「表参道は何度も登ったけど、裏参道はまだ登ったことがない」という方は、ぜひ天気の良い日に登ってみてください。

 

弥彦山の天気 - てんきとくらす [天気と生活情報]

 

弥彦山裏参道コース下山後に立ち寄った温泉

寺泊岬温泉 ホテル飛鳥(日帰り入浴可能)

  

この日使用した主な道具

「THERMOS(サーモス) 山専用ステンレスボトル900ml FFX-900」

暖かい飲み物、冷たい飲み物を長時間保温できる最強の水筒。

暑い日は氷を沢山入れて持っていきます。

 

「snowpeak チタンダブルマグ 300 フォールディングハンドル

 ダブルウォール構造で熱を伝えにくくなっており、温かい飲み物は冷めにくい。

冷たい飲み物は温くなりにくく、結露も出にくい。チタン製のため軽量。

 


爽やかな草原と湿原広がる「巻機山」へ(井戸尾根コース)
爽やかな草原と湿原広がる「巻機山」へ(井戸尾根コース)
大佐渡縦走(ドンデン山~金北山)で稜線歩きを楽しむ(1日目)
大佐渡縦走(ドンデン山~金北山)で稜線歩きを楽しむ(1日目)
初めての「富士山」おススメのルートと装備、持ち物など
初めての「富士山」おススメのルートと装備、持ち物など
ほんとの空を見に「安達太良山」へ(ロープウェイで楽々登山)
ほんとの空を見に「安達太良山」へ(ロープウェイで楽々登山)