3PEAKS

☆新潟県在住のんびり山歩き 初心者、中級者向けおすすめ登山ルート、登山口情報☆


加茂市から登る「粟ヶ岳」(中央登山道コース)

f:id:threepeaks:20191023233040j:plain

粟ヶ岳(あわがたけ)

・標高:1,293m

・所在地:三条市、加茂市

・山頂から眺める360°の景色はとても素晴らしい

・例年11月下旬~4月は積雪期

・梅雨~残暑期は「ヤマビル」被害が多いため、なるべく避けた方がよい

 「粟ヶ岳」の登山コースは主に、三条市下田地区から登る「北五百川コース(通称.下田コース)」と、加茂市の粟ヶ岳県民休養地から登る「中央登山道コース(通称.加茂コース)」が人気です。

山ビルの不安がなくなるほど涼しくなってきたので、曇り空でしたが紅葉を眺めに加茂市側から中央登山道コースを登ってきました。

 

▼粟ヶ岳に北五百川コースから登った記事はこちら▼

 

この日の山行記録

 

駐車場情報

f:id:threepeaks:20191024171336j:plain

「加茂市ビジターセンター(粟ヶ岳県民休養地)」の無料駐車場を利用します。80台位駐車可能です。管理棟にトイレと飲料自販機あります。

粟ヶ岳県民休養地 (4月~11月以外は管理棟休業)

 

▼公共交通機関利用の場合▼

JR加茂駅で市民バス「高柳行き」に乗車 ⇒「水源地」停留所で下車(約30分)

新潟県加茂市 市民バス時刻表など (時刻表は七谷方面)

 

この日のコース(ピストン)

f:id:threepeaks:20191024174010j:plain

駐車場 ⇒ 第二貯水池(ダム) ⇒ 3合目ベンチ ⇒ ヒュッテ ⇒ 北峰 ⇒ 山頂  北峰 ⇒ ヒュッテ ⇒ 3合目ベンチ ⇒ ダム ⇒ 駐車場

 

往復距離:11.5km

累積標高差:(上り/下り)1,540m/1,540m

登山口~山頂の標準コースタイムは、上り3時間30分、下り2時間30分です。

 

※往復距離と累積標高差は概測

 

駐車場 ⇒ 粟ヶ岳ヒュッテ

f:id:threepeaks:20191024175117j:plain

管理棟に登山ポストがあるので、登山届を提出して行きましょう。

 

f:id:threepeaks:20191024175203j:plain

トイレもあります。山中にはトイレがないので、事前に済ませてから登りましょう。

 

f:id:threepeaks:20191024175252j:plain

それではスタート。

 

f:id:threepeaks:20191024175432j:plain

アスファルトから林道へ変わります。長い林道歩きが10分くらい続きます。

 

f:id:threepeaks:20191024175703j:plain

ダムが見えてきます。

 

f:id:threepeaks:20191024175756j:plain

一応ここが登山口になっているようです。ダムの橋を渡ります。

 

f:id:threepeaks:20191024175846j:plain

加茂市だけにカモが泳いでいました。

 

f:id:threepeaks:20191024175941j:plain

ダム沿いを歩いて行くと、再び登山ポスト。出し忘れていたらここで出しましょう。

 

f:id:threepeaks:20191024180031j:plain

ここで1合目。中央登山道コースには、この青地に白フォントの標識が1~10合目まで立っています。参考コースタイムも記載されていますが、厳しめのタイムと評判です(笑)

 

f:id:threepeaks:20191024180626j:plain

なだらかな道ともお別れして、急登に取り付きます。「中央登山道コースを標識記載のコースタイム以内に登れれば、県内の大抵の山は登れるレベル」と言われたりしてます。

 

f:id:threepeaks:20191024180653j:plain

でも初っ端の急登で張り切りすぎると、すぐにへばってしまうのでゆっくり歩きましょう。

 

f:id:threepeaks:20191024181252j:plain

急登となだらかが交互に出てきます。

 

f:id:threepeaks:20191024181401j:plain

f:id:threepeaks:20191024181422j:plain

f:id:threepeaks:20191024181441j:plain

f:id:threepeaks:20191024181510j:plain

2合目。

 

f:id:threepeaks:20191024181531j:plain

f:id:threepeaks:20191024181734j:plain

このコースはハシゴが沢山設置されています。それだけ急登が多いということですね。

 

f:id:threepeaks:20191024181920j:plain

ぐいぐい登って行くと、3合目。ベンチがあります。

 

f:id:threepeaks:20191024182036j:plain

3合目で別の登山口からのコースと合流します。少し麓の景色も見えます。

 

f:id:threepeaks:20191024182213j:plain

ここから先は尾根道になり、ちょっとずつ景色も開けてきます。

 

f:id:threepeaks:20191024182324j:plain

f:id:threepeaks:20191024182345j:plain

4合目。

 

f:id:threepeaks:20191024182429j:plain

f:id:threepeaks:20191024182528j:plain

「大栃平」です。景色が良く、ここにもベンチがあります。

 

f:id:threepeaks:20191024182647j:plain

奥の方に山頂が見えてきます。

 

f:id:threepeaks:20191024182826j:plain

5合目。

 

f:id:threepeaks:20191024183006j:plain

3連続ハシゴ。

 

f:id:threepeaks:20191024183111j:plain

からの~急登。

 

f:id:threepeaks:20191024183306j:plain

f:id:threepeaks:20191024184009j:plain

「粟庭の鎖場」と言われる岩斜面があります。足場がよくないので、ロープと鎖を使って慎重に登りましょう。

 

f:id:threepeaks:20191024184153j:plain

鎖場をクリアしてその先をちょっと登ると、6合目「粟庭の頭」に到着です。

 

f:id:threepeaks:20191024184326j:plain

少しスペースがあって見晴らしも良いので休憩しましょう。

 

f:id:threepeaks:20191024184548j:plain

「粟庭の頭」から先はちょっと下ります。ザレているので転ばないように注意。

 

f:id:threepeaks:20191024184635j:plain

だんだん紅葉が深まってきました。

 

f:id:threepeaks:20191024184709j:plain

f:id:threepeaks:20191024184722j:plain

お馴染みのハシゴ。

 

f:id:threepeaks:20191024184806j:plain

途中、水場への分岐があります。水場までは細い道をトラバースするので、無理に行く必要はありません。

 

f:id:threepeaks:20191024185001j:plain

f:id:threepeaks:20191024185025j:plain

f:id:threepeaks:20191024185330j:plain

水場に到着。足場が悪いので、滑落しないようにご注意ください。せっかく来たので手を洗いました。冷たかったです。

 

f:id:threepeaks:20191024185635j:plain

登山道へ戻ります。

 

f:id:threepeaks:20191024185658j:plain

少し歩くと、7合目の粟ヶ岳ヒュッテに到着です。

 

f:id:threepeaks:20191024185805j:plain

f:id:threepeaks:20191024185903j:plain

f:id:threepeaks:20191024185937j:plain

中はこんな感じ。けっこう明るくてきれいです。

 

f:id:threepeaks:20191024185735j:plain

ヒュッテ前にはベンチとテーブルもあります。

 

 

 

 

 

粟ヶ岳ヒュッテ ⇒ 粟ヶ岳山頂

f:id:threepeaks:20191024190128j:plain

では頑張って終盤登って行きましょう。

 

f:id:threepeaks:20191025202539j:plain

この先の北峰へ向かう途中で沢山の人とすれ違いました。この時季にもなると暗くなるのが早いので、皆さん朝早くから登ってますね。

 

f:id:threepeaks:20191025202736j:plain

f:id:threepeaks:20191025202801j:plain

8合目。

 

f:id:threepeaks:20191025202905j:plain

稜線まであとちょっと。

 

f:id:threepeaks:20191025203053j:plain

登り切った先に分岐があるので、右の方へ進みます。

 

f:id:threepeaks:20191025203131j:plain

ここからは稜線歩き。多少アップダウンがありますが、これまでの急登に比べればだいぶ楽になります。

 

f:id:threepeaks:20191025203217j:plain

ここが北峰の頭。

f:id:threepeaks:20191025203259j:plain

そして9合目の標識。標識の後ろに隠れている粟ヶ岳山頂まで、さらに一つ峰を越えて行きます。

 

f:id:threepeaks:20191025203453j:plain

f:id:threepeaks:20191025203515j:plain

ようやく山頂手前。

 

f:id:threepeaks:20191025203603j:plain

f:id:threepeaks:20191025203643j:plain

山頂に到着!平日で時間も遅めだったので誰もいませんでした。

 

 

 

 

 

粟ヶ岳山頂 ⇒ 駐車場

f:id:threepeaks:20191025210050j:plain

山頂独占(笑)

 

f:id:threepeaks:20191025204320j:plain

f:id:threepeaks:20191025205952j:plain

スタート地点の水源地が見えます。遠くにうっすらと弥彦山と角田山。

 

f:id:threepeaks:20191025210132j:plain

時間も遅いので、下山します。

 

f:id:threepeaks:20191025210617j:plain

稜線歩きは楽しい。

 

f:id:threepeaks:20191025210647j:plain

f:id:threepeaks:20191025210900j:plain

滑りやすい箇所が多いので気をつけましょう。

 

f:id:threepeaks:20191025211048j:plain

f:id:threepeaks:20191025211138j:plain

粟ヶ岳ヒュッテ。

 

f:id:threepeaks:20191025211222j:plain

f:id:threepeaks:20191025211250j:plain

f:id:threepeaks:20191025211325j:plain

ハシゴが階段のようになっていて下りやすい。

 

f:id:threepeaks:20191025211451j:plain

「粟庭の頭」は裏から見ると特徴的な形してますね。

 

f:id:threepeaks:20191025211600j:plain

f:id:threepeaks:20191025211656j:plain

色とりどり。

 

f:id:threepeaks:20191025211854j:plain

下山時の「粟庭の鎖場」は要注意です。鎖やロープを使って慎重に下りましょう。

 

f:id:threepeaks:20191025212043j:plain

f:id:threepeaks:20191025212124j:plain

f:id:threepeaks:20191025212141j:plain

f:id:threepeaks:20191025212216j:plain

大栃平。

 

f:id:threepeaks:20191025212342j:plain

f:id:threepeaks:20191025212432j:plain

3合目のベンチ。

 

f:id:threepeaks:20191025212458j:plain

第二ダム方面へ下ります。

 

f:id:threepeaks:20191025212555j:plain

f:id:threepeaks:20191025212614j:plain

f:id:threepeaks:20191025212641j:plain

ダムに戻ってきました。

 

f:id:threepeaks:20191025212715j:plain

f:id:threepeaks:20191025212732j:plain

f:id:threepeaks:20191025212822j:plain

長い林道をテクテク歩いて、

 

f:id:threepeaks:20191025212906j:plain

駐車場に戻ってきました!

 

粟ヶ岳(中央登山道コース)の感想

粟ヶ岳の中央登山道コースは急登が多いですが、ハシゴやロープがちょこちょこ出てくるのでけっこう楽しいです。北五百川コースよりも距離や標高差があるので厳しめですが、各ポイントでベンチがあるので休憩がしやすいです。

夏場はヤマビルが多いので、おススメ時期は春か秋です。夏場は下記に注意して登られるとよいです。

 

※ヤマビルが出没する時期に登る場合※

長袖長ズボンで皮膚の露出を減らしましょう。ズボンの下にはスポーツタイツを履くとなおよいです。ハッカ油を体に塗り、ウェアや靴、帽子、バックパックにも虫除けスプレー(できればヒル除けスプレー)をふりかけます。登山中も定期的にふりかけましょう。もし吸い付かれた時のために、塩も持参しましょう。道中は、ヒルが潜んでいそうな落ち葉の溜まり場や木の下での休憩を避けるとよいです。

 

粟ヶ岳の天気 - てんきとくらす [天気と生活情報]

 

下山後に立ち寄る温泉

f:id:threepeaks:20191023233106j:plain

中央登山道コースを下山後に立ち寄る温泉は、「加茂 美人の湯」です。館内はきれいで、食事もできますし、売店(特産品コーナー)もあるのでぜひ寄って行ってください。

 

この日使用した主な道具

「THERMOS(サーモス) 山専用ステンレスボトル900ml FFX-900」

暖かい飲み物、冷たい飲み物を長時間保温できる最強の水筒。暑い日は氷を沢山入れて持っていきます。

 

「snowpeak チタンダブルマグ 300 フォールディングハンドル

ダブルウォール構造で熱を伝えにくくなっており、温かい飲み物は冷めにくく、冷たい飲み物は温くなりにくい。チタン製のため軽量です。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ほんとの空を見に「安達太良山」へ(ロープウェイで楽々登山)
ほんとの空を見に「安達太良山」へ(ロープウェイで楽々登山)
新潟県を代表する山「弥彦山」(表参道コース)
新潟県を代表する山「弥彦山」(表参道コース)

スリリングな八ツ峰がそびえる霊峰「八海山」へ(ロープウェー利用)
スリリングな八ツ峰がそびえる霊峰「八海山」へ(ロープウェー利用)
初めての登山装備と持ち物(バックパックについて)
初めての登山装備と持ち物(バックパックについて)