3PEAKS

☆新潟県在住のんびり山歩き 初心者、中級者向けおすすめ登山ルート、登山口情報☆


晩秋の「榛名山」と「榛名湖」を眺めるハイキング

f:id:threepeaks:20191123220647j:plain

榛名山(はるなさん)

・標高:1,449m(最高峰の掃部ヶ岳)

・所在地:群馬県高崎市、渋川市、東吾妻町

・上毛三山のうちの一つ

・榛名湖を中心に数多くの山が構える

・登山適期は例年4月~11月

 

「榛名山」は群馬県の『上毛三山(他は赤城山と妙義山)』の一つで、単独の山の名称ではありません。榛名湖の周辺にそびえる榛名富士、掃部ヶ岳、相馬山、水沢山などの数多くの山を総称して「榛名山」と呼びます。

例年12月~2月に訪れることが多いのですが、今回は11月中旬に”榛名富士”と”硯岩”からの景色を楽しみにちょこっとハイキングしてきました。

 

この日の山行記録

 

駐車場情報

f:id:threepeaks:20191123230554j:plain

f:id:threepeaks:20191123230821j:plain

榛名湖周辺には駐車場が沢山ありますが、榛名富士の登山口に近い「榛名公園ビジターセンター」駐車場にとめました。ビジターセンターにはトイレもあるし、飲料自販機もあるので便利です。

 

▼公共交通機関利用の場合▼

 JR高崎駅西口から群馬バスで約90分です。

 

この日のコース

f:id:threepeaks:20191123224412j:plain

ビジターセンター ⇒ 榛名富士 ⇒ 烏帽子ヶ岳登山口 ⇒ 分岐 ⇒ 鬢櫛山 ⇒ 県道28号 ⇒ 硯岩 ⇒ 県道28号 ⇒ ビジターセンター

 

往復(周回)距離:9.0km

累積標高差:(上り/下り)800m/760m

標準コースタイムは、合計3時間50分です。

 

※往復距離と累積標高差は概測

 

ビジターセンター ⇒ 榛名富士山頂

f:id:threepeaks:20191123230902j:plain

ビジターセンター駐車場の横からこの矢印の方向に進みます。「榛名富士登山口」と書かれた小さな標識があります。

 

f:id:threepeaks:20191123231115j:plain

最近、全国各地で熊被害が多いので、念のため熊鈴を鳴らしながら歩きます。

 

f:id:threepeaks:20191123231552j:plain

霜柱。この日も天気が良かったですが、放射冷却でとても寒かったです。

 

f:id:threepeaks:20191123231907j:plain

ところどころ段差の大きな箇所がありますが、全体的に歩きやすい道です。

 

f:id:threepeaks:20191125134305j:plain

f:id:threepeaks:20191125134338j:plain

ほとんど枯れ木でしたが、中にはまだ紅葉が残っている木もありました。

 

f:id:threepeaks:20191125134622j:plain

少し大きめの岩が増えてきたら山頂はもうすぐ。

 

f:id:threepeaks:20191125134730j:plain

f:id:threepeaks:20191125134753j:plain

榛名山ロープウェイの山頂駅に着きました。標準コースタイムで45分かかりますが、ロープウェイに乗ると2分50秒で着くらしいです(笑)

榛名山ロープウェイ

 

f:id:threepeaks:20191125135224j:plain

山頂はもうちょっと先なので、奥の階段へ進みます。

 

f:id:threepeaks:20191125135340j:plain

鳥居をくぐってさらに階段を登ります。

 

f:id:threepeaks:20191125135452j:plain

榛名富士の山頂に到着です。山頂には「榛名富士山神社」があります。

 

f:id:threepeaks:20191125135723j:plain

全方位とはいきませんが、なかなか見晴らしが良いです。榛名山の他の山々もよく見えます。

 

f:id:threepeaks:20191125135817j:plain

空が澄んでいたので、谷川岳や赤城山も見えました。

 

f:id:threepeaks:20191125135904j:plain

遠くに富士山も見えました。

 

榛名富士山頂 ⇒ 烏帽子ヶ岳登山口 ⇒ 鬢櫛山

f:id:threepeaks:20191125140440j:plain

下山は登りとは別のルートで行きます。山頂手前にある手すりの間を通り抜けて行きます。

 

f:id:threepeaks:20191125140924j:plain

笹が生い茂った道を下りて行きます。割と急坂なので、転ばないようにちょこちょこ歩きで下ります。

 

f:id:threepeaks:20191125141058j:plain

f:id:threepeaks:20191125141132j:plain

f:id:threepeaks:20191125141147j:plain

霜をザクザク踏みながら歩くと、冬が来たな~と感じます。

 

f:id:threepeaks:20191125171923j:plain

「榛名湖温泉 ゆうすげ元湯」の建物の横に出ます。

 

f:id:threepeaks:20191125141439j:plain

いったん道路に出て、奥にそびえる「烏帽子ヶ岳」の方へ進みます。

 

f:id:threepeaks:20191125141532j:plain

猫がいたけど速攻で逃げられました。

 

f:id:threepeaks:20191125141637j:plain

f:id:threepeaks:20191125141908j:plain

道路をてくてく歩いて行くと、右に小さな鳥居が見えてきます。

 

f:id:threepeaks:20191125141950j:plain

ここが烏帽子ヶ岳の登山口です。

 

f:id:threepeaks:20191125142139j:plain

小さな鳥居が並んでいます。

 

f:id:threepeaks:20191125142208j:plain

鳥居の奥には祠のようなものがあるのですが、小さな狐の置物が沢山置かれていました。それと、なぜかジャビット人形もありました。
 

f:id:threepeaks:20191125142659j:plain

鳥居の奥の方へ、トレースとリボンを頼りに進みます。けっこう道が分かりにくいので注意です。
 

f:id:threepeaks:20191125142819j:plain

烏帽子ヶ岳と鬢櫛山(びんぐしやま)の鞍部へ登って行きます。
 

f:id:threepeaks:20191125142928j:plain

鞍部の分岐に出ます。
 

f:id:threepeaks:20191125143000j:plain

右へ行くと「烏帽子ヶ岳」ですが、山頂の見晴らしがいまいちなのでこの日はパス。
 

f:id:threepeaks:20191125143605j:plain

ということで、左の鬢櫛山へ進みます。標識には「約30分・後半急坂」と書いてあります。
 

f:id:threepeaks:20191125143702j:plain

鬢櫛山へ向かう途中のなだらかな道が心地よいです。
 

f:id:threepeaks:20191125143757j:plain

しばらく進むと、ベンチと分岐があります。
 

f:id:threepeaks:20191125143927j:plain

この分岐から榛名湖の方へ下りることができます。鬢櫛山山頂から先の道が少々迷いやすいので、ここで一旦道路に出るのもいいかもしれません。
 

f:id:threepeaks:20191125144306j:plain

では、鬢櫛山へ進みます。
 

f:id:threepeaks:20191125144441j:plain

標識に書いてあったとおり、急坂が現れます。
 

f:id:threepeaks:20191125144519j:plain

確かになかなかの急登です(汗)
 

f:id:threepeaks:20191125144733j:plain

夏場だったら大汗かいてそう。
 

f:id:threepeaks:20191125144906j:plain

急坂を登りきると鬢櫛山(びんぐしやま)山頂に到着。ちょっと広めのスペースがあるので少し休憩。

 

 

 

鬢櫛山 ⇒ 硯岩

f:id:threepeaks:20191125145325j:plain

鬢櫛山も特に見晴らしがないので、ちょっと休憩したら下山します。

 

f:id:threepeaks:20191125145729j:plain

f:id:threepeaks:20191125145913j:plain

しばらく進むと細尾根の道になります。

 

f:id:threepeaks:20191125145942j:plain

細いのとけっこう急坂な道があるので、慎重に下ります。

 

f:id:threepeaks:20191125150235j:plain

途中で尾根から外れるのですが、そのポイントがちょっと分かりにくいです。リボンを確認しながら進みます。

 

f:id:threepeaks:20191125150412j:plain

途中で分岐があります。道なりに進む方が「硯岩」へ近道なのですが、あまり良い道ではなく、迷いやすいです。

 

f:id:threepeaks:20191125150510j:plain

なので、左手の「コハンへ」と書かれた方へ進みました。湖畔?

 

f:id:threepeaks:20191125150834j:plain

下りて行くと、右手に県道が見えてきます。

 

f:id:threepeaks:20191125150916j:plain

真っ直ぐ道なりに進むと湖畔に出ますが、ここで右側の道路へ。

 

f:id:threepeaks:20191125151050j:plain

うっすらとトレースあります。

 

f:id:threepeaks:20191125151105j:plain

道路に出たら、右へ進みます。

 

f:id:threepeaks:20191125151142j:plain

道路を歩いて行くと、左手に道があります。

 

f:id:threepeaks:20191125151225j:plain

その道に入っていきます。

 

f:id:threepeaks:20191125151256j:plain

すると、分岐に出ます。

 

f:id:threepeaks:20191125151516j:plain

「関係者以外立入禁止」と書かれた看板がありますが、「掃部ヶ岳(かもんがたけ)」と書かれた標識に従い、ゲートの先へ進みます。この先にある建物の関係者や登山者以外は通ってはダメらしいです。

 

f:id:threepeaks:20191125152008j:plain

道路をてくてく歩いて行きます。コテージのような建物が並んでいます。

 

f:id:threepeaks:20191125152510j:plain

途中で分岐があるので、左の方へ進みます。

 

f:id:threepeaks:20191125152542j:plain

分岐からちょっと進むと、左手に山道へ入る所があります。

 

f:id:threepeaks:20191125152729j:plain

「掃部ヶ岳」と書かれた標識も立っています。

 

f:id:threepeaks:20191125152835j:plain

なだらかな道を登っていきます。

 

f:id:threepeaks:20191125153014j:plain

広めの分岐に出ます。

 

f:id:threepeaks:20191125153152j:plain

標識の「硯岩」の方へ進みます。

 

f:id:threepeaks:20191125153420j:plain

木の柵があるので、それに沿って登ります。

 

f:id:threepeaks:20191125153438j:plain

f:id:threepeaks:20191125153532j:plain

「硯岩」に到着です!榛名湖と榛名富士などが一望できます。

 

f:id:threepeaks:20191125153659j:plain

歩いてきた烏帽子ヶ岳、鬢櫛山も見えます。

 

f:id:threepeaks:20191125153908j:plain

f:id:threepeaks:20191125153828j:plain

この日は登りませんでしたが、相馬山や水沢山もとても良いお山なので、次回行くときにレポしたいと思います。

 

f:id:threepeaks:20191125154645j:plain

岩の上から覗くと、なかなかの高度感。あまり身を乗り出さないようにしましょう。

 

 

 

硯岩 ⇒ ビジターセンター

f:id:threepeaks:20191125154757j:plain

それでは下山します。

 

f:id:threepeaks:20191125154827j:plain

先ほどの分岐に戻ってきました。最高峰の「掃部ヶ岳(かもんがたけ)」にはこの日は寄らず、左手の「榛名湖(吾妻荘)」と書かれた方へ下りました。

 

f:id:threepeaks:20191125155205j:plain

f:id:threepeaks:20191125155226j:plain

道路が見えてきました。

 

f:id:threepeaks:20191125165431j:plain

掃部ヶ岳の登山口に出ました。

 

f:id:threepeaks:20191125155303j:plain

他の山に登りながら榛名湖をぐるっと回ることもできますが、この日はここでハイキング終了。道路を反時計回りに歩いてビジターセンターへ戻りました。

 

f:id:threepeaks:20191125155510j:plain

f:id:threepeaks:20191125155610j:plain

f:id:threepeaks:20191125155633j:plain

f:id:threepeaks:20191125155704j:plain

湖周辺はまだ紅葉が多く残っていました。

 

f:id:threepeaks:20191125155745j:plain

途中にあった食堂でワカサギ丼を食べました。美味しかったです。

 

f:id:threepeaks:20191125155719j:plain

f:id:threepeaks:20191125155835j:plain

丸型ポスト。

 

f:id:threepeaks:20191125155857j:plain

f:id:threepeaks:20191125155921j:plain

f:id:threepeaks:20191125160023j:plain

榛名公園の木道。真冬になると榛名湖が凍結し、湖の上を歩けたりします。

f:id:threepeaks:20191125160102j:plain

12月に開催される「榛名湖イルミネーションフェスタ」の飾り付けがされていました。夜はキレイなのでしょうが、昼間に見るとちょっと残念な感じ(笑)

 

f:id:threepeaks:20191125160352j:plain

ビジターセンターに戻ってきました。この日はここでおしまい。

 

f:id:threepeaks:20191125164654j:plain

ビジターセンター内に、豚コレラ対策の消毒剤?が置かれていました。念のため靴にまんべんなく吹き付けておきました。帰宅後に靴もきちんと洗いましたよ。

 

榛名山の感想

榛名山は新潟県(中越地方)からそれほど遠くなく、降雪も多くないです。雪がけっこう降る地域に住んでいると、冬は雪の無い(少ない)所へ出掛けたくなります。そんな時に榛名山はとてもちょうどいい山なんです。

この日は榛名富士と鬢櫛山しか登りませんでしたが、榛名山は他にも山がいくつもあるので、時間があればぜひ他の山も巡ってみてください。次回は水沢山や相馬山に登ってきたいと思います。

 

下山後に立ち寄る温泉

榛名山の麓には沢山の温泉がありますが、「伊香保温泉」がとても有名です。沢山良い温泉施設があるので、気になったところに入りに行きましょう▼

渋川伊香保温泉観光協会 | 伊香保へようこそ

 

ちなみに、私がよく利用するのは「黄金の湯」です▼

 

榛名湖すぐ傍にも温泉施設「ゆうすげ」があるので、伊香保方面に寄らない場合でも汗を流して帰れます▼

 

この日使用した主な道具

「THERMOS(サーモス) 山専用ステンレスボトル900ml FFX-900」

暖かい飲み物、冷たい飲み物を長時間保温できる最強の水筒。暑い日は氷を沢山入れて持っていきます。

 

「snowpeak チタンダブルマグ 300 フォールディングハンドル

ダブルウォール構造で熱を伝えにくくなっており、温かい飲み物は冷めにくく、冷たい飲み物は温くなりにくい。チタン製のため軽量です。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

出湯温泉登山口からの「五頭山」(五ノ峰コース)
出湯温泉登山口からの「五頭山」(五ノ峰コース)
新潟県を代表する山「弥彦山」(表参道コース)
新潟県を代表する山「弥彦山」(表参道コース)

おもてなしの心溢れる柏崎の里山「南条八石山」(三ツ小沢コース~峰コース)
おもてなしの心溢れる柏崎の里山「南条八石山」(三ツ小沢コース~峰コース)
初めての登山装備と持ち物(バックパックについて)
初めての登山装備と持ち物(バックパックについて)