3PEAKS

新潟県在住のんびり山歩き 初心者、中級者向けおすすめ登山ルート、登山口情報、コースタイムなど


五頭連峰最高峰「菱ヶ岳」からの「五頭山」周回

f:id:threepeaks:20201102205641j:plain

菱ヶ岳(ひしがたけ)

・標高:973m

・所在地:新潟県阿賀野市、東蒲原郡阿賀町

・五頭連峰の最高峰

・「どんぐりの森」手前の駐車場を起点として「菱ヶ岳」~「五頭山」を周回できる

・例年12月~4月中旬は積雪期

 

五頭連峰の「菱ヶ岳」は、新潟県阿賀野市と阿賀町にあります(※上越の菱ヶ岳とは別の山です)。標高は1,000mに満たない山ですが、五頭連峰の最高峰です。「五頭山」や「宝珠山」などから縦走して登る人も多いです。

この日は、「どんぐりの森キャンプ場」手前の駐車場を起点として、「菱ヶ岳」~「五頭山」を周回してきました。

 

この日の山行記録

 

駐車場情報

「どんぐりの森キャンプ場」手前の広い駐車場からスタートします。100台くらい駐車できる広さです。トイレは近くの「奥村杉キャンプ場」にあります(冬期間は閉鎖)。

 

【公共交通機関を利用する場合】

「JR水原駅」から阿賀野市営バス(五頭温泉郷線)に乗車します。「村杉温泉」で下車し、駐車場まで徒歩30分です。 

 

この日のコース(周回)

f:id:threepeaks:20201104211225j:plain

駐車場から登り、「菱ヶ岳」~「五頭山」を巡るルートで周回してきました。

 

駐車場 ⇒ 菱ヶ岳山頂 ⇒ 与平ノ峰 ⇒ 中ノ岳 ⇒ 三差路 ⇒ 前一ノ峰 ⇒ 一ノ峰 ⇒ 三ノ峰 ⇒ どんぐりの森 ⇒ 駐車場

 

往復距離:11.5km

累積標高差:(上り/下り)1,210m/1,210m

標準コースタイムは、上り(駐車場~菱ヶ岳山頂)2時間45分、縦走(菱ヶ岳山頂~三差路)1時間45分、下り(三差路~駐車場)2時間00分の計6時間30分だそうです。

※往復距離と累積標高差は概測

 

 

駐車場~菱ヶ岳山頂

f:id:threepeaks:20201104212139j:plain

駐車場の右手に「菱ヶ岳入口」と書かれた青い標識があり、ここからスタートします。登山ポストもあるので、登山届を出して行きましょう。

 

f:id:threepeaks:20201104212502j:plain

序盤はつづら折りに樹林帯を登って行きます。割と足場が狭いので、滑らないようにゆるゆる登って行きます。

 

f:id:threepeaks:20201104212837j:plain

尾根に近づくにつれて登りやすい道になってきます。

 

f:id:threepeaks:20201104212947j:plain

菱ヶ岳の特徴の一つであるきれいなブナ林歩きが始まります。

 

f:id:threepeaks:20201105204402j:plain

f:id:threepeaks:20201105204441j:plain

道中にいくつか分岐がありますが、崩落等で封鎖されているルートもあります。ロープが張られて通れないようになっています。整備してくださっている方々に感謝です。

 

f:id:threepeaks:20201105204817j:plain

このコースは急登があったり、

 

f:id:threepeaks:20201105204855j:plain

なだらかな道があったりと、交互に6合目まで続きます。登りが続いて疲れた頃に緩やかな道になるので、個人的には好きなコースです。

 

f:id:threepeaks:20201105205508j:plain

4合目に到着。山没慰霊塔が建っています。少し広めのスペースがあります。休憩とお祈りをして行きましょう。

 

f:id:threepeaks:20201105210025j:plain

10月下旬にもなると気温が低くなってきますが、この日は天気も良くてポカポカ気持ち良かったです。

 

f:id:threepeaks:20201105210401j:plain

f:id:threepeaks:20201105210433j:plain

きれいなブナ林と青空の中で気持ち良い山歩き。もうこの時点で満足しています。

 

f:id:threepeaks:20201105210625j:plain

今年は紅葉が遅く、このまま雪が降り始めてしまいそうな雰囲気すらあります。

 

f:id:threepeaks:20201105211127j:plain

6合目(北山)に到着。ここはそれほど広くありませんが、見晴らしが良いので休憩ポイントです。

 

f:id:threepeaks:20201105211836j:plain

麓の方も眺められます。

 

f:id:threepeaks:20201105211932j:plain

五頭山もよく見えます。帰りはあちらから下山する予定。

 

f:id:threepeaks:20201105211306j:plain

少し休んで再開です。菱ヶ岳の山頂が奥の方に見えてきます。 手前の「杉端(すぎはな)」までカラフルに色づいていてきれいでした。

 

f:id:threepeaks:20201105212050j:plain

「杉端」で夏道(左)と冬道(まっすぐ)に分かれます。左の夏道に進みます。

f:id:threepeaks:20201105212215j:plain

夏道は「杉端」を左から巻いて行きます。道が細く、滑りやすい箇所もあるので気をつけて通りましょう。

 

f:id:threepeaks:20201105212323j:plain

7合目に到着。ここは広めのスペースでベンチもあります。

 

f:id:threepeaks:20201105212418j:plain

7合目からしばらく急登が続きます。この日は寄りませんでしたが、向かって左側に「笹清水」という水場へとつながっている道があります。

 

f:id:threepeaks:20201105212524j:plain

では進みます。階段が続きますが、ここはまだ登りやすいです。

 

f:id:threepeaks:20201105212606j:plain

途中で先ほどの冬道と合流。

 

f:id:threepeaks:20201105212638j:plain

階段も無く、粘土質の急登箇所が現れます。登りづらい。。。ここで一気に足元が泥だらけになりました(笑)

 

f:id:threepeaks:20201105212814j:plain

8合目まで来ると、坂も少し緩やかになってきます。

 

f:id:threepeaks:20201105213022j:plain

f:id:threepeaks:20201105213054j:plain

いい天気で気持ちが良い!

 

f:id:threepeaks:20201105213255j:plain

f:id:threepeaks:20201105213343j:plain

f:id:threepeaks:20201105213413j:plain

9合目。あともうちょっと。

 

f:id:threepeaks:20201105213502j:plain

f:id:threepeaks:20201105213522j:plain

山頂手前の坂。

 

f:id:threepeaks:20201105213545j:plain

「菱ヶ岳」山頂に到着。山頂は周辺を木々で囲まれ、見晴らしはいまいちです(雪が積もるととても良い見晴らしが得られます)。

 

f:id:threepeaks:20201105213853j:plain

なので、この日は「五頭山」方面へ数歩進んだ見晴らしの良い場所で休憩することにしました。

 

 

 

 

菱ヶ岳山頂~三差路

f:id:threepeaks:20201105214030j:plain

ここは阿賀町方面の眺めがとても良いです。福島の山も遠くに見えます。 

 

f:id:threepeaks:20201105214512j:plain

「煉獄杏寿郎の焼きカレーパン」を全集中で食べる(笑)食後はコーヒーを飲みながら景色を眺めてまったり休憩。

 

f:id:threepeaks:20201105214733j:plain

それでは「五頭山」へ向かいます。

菱ヶ岳山頂~五頭山~駐車場までは標準コースタイムで3時間45分かかります。休憩も含めると4時間以上は見ておくべきでしょう。この時点で時間や体力を消費している場合は、無理せずに下山しましょう。特に日没が早い季節は早めの下山を心掛けましょう。

 

f:id:threepeaks:20201105215856j:plain

ちなみにすぐ先に見える峰の標高が981mだそうで、実はあそこが本当の五頭連峰最高峰らしいと言われています。

 

f:id:threepeaks:20201105215950j:plain

そんな最高峰をさっさと通過し(笑)、先へ進みます。

 

f:id:threepeaks:20201105220038j:plain

f:id:threepeaks:20201105220057j:plain

「与平の頭」。ここから阿賀町方面へ下るルートがあり、裏五頭へとつながります。

 

f:id:threepeaks:20201105220306j:plain

菱ヶ岳~五頭山の稜線は、小刻みにアップダウンがあります。

 

f:id:threepeaks:20201105221025j:plain

見晴らしが良いポイントも限られていますが、そこに立つと素晴らしい景色が眺められます。

 

f:id:threepeaks:20201105221227j:plain

f:id:threepeaks:20201105221303j:plain

f:id:threepeaks:20201105221339j:plain

f:id:threepeaks:20201105221401j:plain

五頭山の「三差路」に着きました。この日はあまり時間が無かったので、五頭山の山頂へは寄らず、そのまま三ノ峰コースへ向かいました。

 

 

f:id:threepeaks:20201105221631j:plain

「前一ノ峰」。個人的に五頭連峰で一番好きなポイントです。

 

f:id:threepeaks:20201105221728j:plain

f:id:threepeaks:20201105221745j:plain

「一ノ峰」。鐘を鳴らして通過。

 

f:id:threepeaks:20201105221952j:plain

「二ノ峰」には寄らず、「三ノ峰避難小屋」に到着。

 

f:id:threepeaks:20201105222036j:plain

分岐を「三ノ峰」方面へ進みます。

 

f:id:threepeaks:20201105222111j:plain

「三ノ峰」に到着。冬によく登りに来ます。

 

f:id:threepeaks:20201105222237j:plain

下山は歩きやすい「三ノ峰コース」で。

 

f:id:threepeaks:20201105222323j:plain

f:id:threepeaks:20201105222339j:plain

「三ノ峰コース」も見どころは色々ありますが、すっ飛ばして「どんぐりの森」キャンプ場に到着。

 

f:id:threepeaks:20201105222530j:plain

この後は舗装路をテクテク歩いて駐車場へ戻りました。

 

f:id:threepeaks:20201105222613j:plain

今年は例年以上に熊の出没がニュースになっているので、気をつけましょう。熊鈴をつけて、なるべく複数で登ることをおススメします。

ちなみに私はお守りとして熊スプレーを持ち歩くようにしています。

 

 

菱ヶ岳の感想

「菱ヶ岳」は五頭連峰最高峰でありながら、隣の五頭山と比べてちょっと人気がありませんが、きれいなブナ林の中を歩く登山道や、静かな山歩きをできる点が魅力です。

菱ヶ岳へのピストンだけでは物足りないという人は、今回のように五頭山へ縦走して周回するコースをおススメします。周回する場合は、距離や標高差もそこそこあるので、早めに登り出して早めに下山するようにしましょう。

 

 

この日持って行った主な道具

「熊撃退スプレー ホルダーケース付き」

実際に使用したことが無いので効果は分かりませんが、アメリカ環境保護庁登録商品だそうです。少々値が張りますが、自分と仲間を守るために購入してみました。

 

東京ベル 森の鈴(BEAR BELL) 消音機能付

簡単にONとOFFを切り替えられ、カラビナもついているので便利です。音はガチャガチャしておらず、余韻の残る澄んだ音色です。

 

「THERMOS(サーモス) 山専用ステンレスボトル900ml FFX-900」

暖かい飲み物、冷たい飲み物を長時間保温できる最強の水筒。暑い日は氷を沢山入れて持っていきます。

 

 

「snowpeak チタンダブルマグ 300 フォールディングハンドル

ダブルウォール構造で熱を伝えにくくなっており、温かい飲み物は冷めにくい。冷たい飲み物は温くなりにくく、結露も出にくい。チタン製のため軽量。

 

登山において参考にしている天気予報サイトとアプリ
登山において参考にしている天気予報サイトとアプリ
初めての登山装備と持ち物(シューズについて)
初めての登山装備と持ち物(シューズについて)
初めての登山装備と持ち物(ウェアについて)
初めての登山装備と持ち物(ウェアについて)
初めての登山装備と持ち物(バックパックについて)
初めての登山装備と持ち物(バックパックについて)