3PEAKS

☆新潟県在住のんびり山歩き 初心者、中級者向けおすすめ登山ルート、登山口情報☆


越後富士「妙高山」へ(燕温泉から燕登山道コース)

f:id:threepeaks:20191008151038j:plain

妙高山(みょうこうさん)

・標高:2,454m

・所在地: 新潟県妙高市

・日本百名山

・火打山、焼山と合わせて「頸城(くびき)三山」と呼ばれている

・例年登山適期は7月~10月

「妙高山」はウインタースポーツの盛んな妙高市の中央に鎮座し、その山容と堂々たる佇まいから越後富士とも呼ばれています。

登山コースは、「妙高高原スカイケーブル」を利用した「赤倉登山道コース」や、笹ヶ峰を起点として火打山と縦走する「笹ヶ峰コース」等も人気です。今回は、燕温泉を起点とする「燕登山道コース」で登ってきました。

 

※妙高山は活火山です。活火山に登る際は、念のため警戒レベル等を直前に確認しましょう ⇒ 火山登山者向けの情報提供ページ(気象庁)

 

※2019年10月に発生した台風19号の影響で、燕温泉~大倉沢間は「大倉沢増水により仮設橋諸共流され、非常に危険」との情報があるため、安全が確認されるまで通行はしないでください。その他のルートに関しても、倒木などにより通常よりも危険度が増していると思われるので、決して無理はしないようにご注意ください。

 

この日の山行記録

 

駐車場情報(燕温泉)

f:id:threepeaks:20191008155944j:plain

燕温泉街の手前にある日帰り駐車場を起点にします。駐車場は舗装されていて、約40台駐車可能です。トイレがあります。

 

▼公共交通機関でのアクセス

「JR関山駅」から「妙高市営バス」で約35分です。

妙高市市営バス(時刻表) 妙高市役所

 

この日のコース

f:id:threepeaks:20191008155828j:plain

駐車場 ⇒ 湯道分岐 ⇒ 天狗堂 ⇒ 妙高山山頂(南峰) ⇒ 妙高山山頂(北峰) ⇒ 長助池分岐 ⇒ 長助池 ⇒ 芝沢 ⇒ 黄金清水 ⇒ 大倉沢 ⇒ 駐車場

 

往復距離:12.5km 累積標高差:(上り)1,690m(下り)1,680m

標準コースタイムは、往路4時間50分、復路3時間05分です。

 

※往復距離と累積標高差は概測

 

駐車場 ⇒ 天狗堂

f:id:threepeaks:20191008170739j:plain

まずは燕温泉街へ道路を上がって行きます。

 

f:id:threepeaks:20191008212004j:plain

バス停は「ホテル花文」の横にあります。

 

f:id:threepeaks:20191008170815j:plain

温泉街を通り抜けると登山ポストがあるので、登山届を出していきましょう。

 

f:id:threepeaks:20191008170916j:plain

薬師堂の階段を登ります。

 

f:id:threepeaks:20191008171117j:plain

しばらく道なりに進むと右手に「黄金の湯」があります。一般に開放されている露天風呂です。箱に協力金を入れて利用できます。

 

f:id:threepeaks:20191008171627j:plain

その先に分岐があるので左へ進みます。

※右へ行くと日本滝百選の「惣滝」へ向かうコースです。

 

f:id:threepeaks:20191008172356j:plain

舗装された道をてくてく歩きます。

 

f:id:threepeaks:20191008172436j:plain

舗装路を進むと、登山カウンターが見えてくるのでその方向へ向かいます。

 

f:id:threepeaks:20191008172709j:plain

山と谷に挟まれた細い道が続きます。

 

f:id:threepeaks:20191008172735j:plain

f:id:threepeaks:20191008172928j:plain

称名滝(上)と光明滝(下)が見えてきます。

 

f:id:threepeaks:20191008173456j:plain

称名滝は滝つぼ近くまで歩いて行けるので、ちょっと寄り道します。

 

f:id:threepeaks:20191008175019j:plain

近くまで来るとさすがに迫力あります。

 

f:id:threepeaks:20191008174025j:plain

f:id:threepeaks:20191008174047j:plain

登山道へ戻ります。

 

f:id:threepeaks:20191008175148j:plain

ここから本格的に山道になってくるのですが、いきなり細くて滑り落ちそうな道があるので気をつけましょう。

 

f:id:threepeaks:20191008182319j:plain

つづら折りに登って行きます。

 

f:id:threepeaks:20191008182549j:plain

「湯道分岐」に着きました。広めの場所なのでちょっと休憩して行きます。

 

f:id:threepeaks:20191008182837j:plain

「妙高山頂」方面へ渡渉して進みます。

 

f:id:threepeaks:20191008184800j:plain

しばらく緩やかな坂を登って行きますが、

 

f:id:threepeaks:20191008185148j:plain

「胸突き八丁」の急登がスタートです。

 

f:id:threepeaks:20191008185243j:plain

途中で広い場所に出るので、急登で疲れていたら休憩しましょう。

 

f:id:threepeaks:20191008185354j:plain

5合目の標識。

 

f:id:threepeaks:20191008185503j:plain

胸突き八丁が終わり、なだらかな坂に変わります。

f:id:threepeaks:20191008185522j:plain

6合目の「天狗堂」に到着です。ここで「赤倉登山道コース」と合流します。広い場所なので、一息いれましょう。

 

 

 

 

天狗堂 ⇒ 妙高山山頂

f:id:threepeaks:20191008192740j:plain

いつの間にか空がすごく曇っていてモチベーション急降下ですが(笑)、山頂へ向かって歩き始めます。

 

f:id:threepeaks:20191008193222j:plain

空は白いけど紅葉がきれい。青空だったらもっときれい。

 

f:id:threepeaks:20191008193522j:plain

f:id:threepeaks:20191008193600j:plain

「光善寺池」です。

 

f:id:threepeaks:20191008193907j:plain

f:id:threepeaks:20191008194018j:plain

8合目の「風穴」です。この日は涼しかったので、冷たい風は感じられず。

 

f:id:threepeaks:20191008194451j:plain

9合目手前から岩道になってきます。

 

f:id:threepeaks:20191008194527j:plain

9合目です。鎖場が始まります。

 

f:id:threepeaks:20191008194605j:plain

f:id:threepeaks:20191008194646j:plain

慎重に登れば難しくありませんが、バランス崩すと転げ落ちるので気をつけましょう。

 

f:id:threepeaks:20191008194741j:plain

f:id:threepeaks:20191008194847j:plain

f:id:threepeaks:20191008194936j:plain

f:id:threepeaks:20191008195009j:plain

山頂手前の最後の岩場。

f:id:threepeaks:20191008195051j:plain

10合目。山頂に到着です!

 

f:id:threepeaks:20191008195138j:plain

妙高山は南と北に峰がある双耳峰です。こちらは最高点の南峰(2,454m)。景色は残念ながらガッスガスで見えませんでした...

 

f:id:threepeaks:20191008195338j:plain

もう一つの北峰へ向かいます。ほぼ平行移動なので楽です。

 

f:id:threepeaks:20191008195550j:plain

山頂は広く、大きな岩が沢山あります。

 

f:id:threepeaks:20191008195615j:plain

f:id:threepeaks:20191008195639j:plain

10分ほどでもう一つの峰「北峰」(2,446m)に到着です。この時点ではまだガッスガス...

 

f:id:threepeaks:20191008195918j:plain

北峰でお昼ご飯を食べていたら、だんだん晴れてきました!

 

f:id:threepeaks:20191008200032j:plain

f:id:threepeaks:20191008200107j:plain

焼山と火打山方面はまだ雲がかかっていましたが、それでもかなり見えてきました。

 

f:id:threepeaks:20191008200247j:plain

やっぱり青空だと景色も気分も違いますね~。北峰の標柱を撮り直し(笑)

 

 

 

 

妙高山山頂 ⇒ 大倉沢

f:id:threepeaks:20191008200530j:plain

下山は長助池を通りたかったので、北峰から「火打→」と書かれた方向へ下りました。このコースは登りで通ってきたコースよりも長く、ちょっと歩きにくい箇所が多いので、体力に不安のある人は登ってきたコースをピストンで下山しましょう。

 

f:id:threepeaks:20191008200927j:plain

段差が大きく滑りやすい道が続きます。

 

f:id:threepeaks:20191008201310j:plain

体の大きな人にはちょっと通りにくい道もあります。

 

f:id:threepeaks:20191008201448j:plain

紅葉がきれいです。

 

f:id:threepeaks:20191008201605j:plain

急坂を下って行くと、「長助池分岐」に出ます。ベンチもあるので休憩しやすいです。ここで火打山へ縦走するコースと、長助池方面へ向かうコースに分かれます。

 

f:id:threepeaks:20191008202026j:plain

長助池方面へ下ります。

 

f:id:threepeaks:20191008203451j:plain

f:id:threepeaks:20191008203606j:plain

「長助池」に到着です。広大な湿地が広がっています。ベンチもあるので休憩しながら眺められます。

 

f:id:threepeaks:20191008203830j:plain

青空と紅葉がきれいです。

 

f:id:threepeaks:20191008203946j:plain

では先へ進みます。

f:id:threepeaks:20191008204018j:plain

f:id:threepeaks:20191008222010j:plain

長助池から少し歩くと「芝沢」に出ます。

 

f:id:threepeaks:20191008204307j:plain

f:id:threepeaks:20191008204324j:plain

大倉池付近。笹が元気に生い茂っている道をかき分けて進みました。見通しがきかない道はちょっと怖いですね。

 

f:id:threepeaks:20191008204907j:plain

大倉池分岐を通過

 

f:id:threepeaks:20191008205312j:plain

湿った岩がゴロゴロしている道が続き、コケそうになりながら歩きます。

 

f:id:threepeaks:20191008205402j:plain

「黄金清水」に到着。ベンチあります。

 

f:id:threepeaks:20191008205439j:plain

f:id:threepeaks:20191008205533j:plain

f:id:threepeaks:20191008205601j:plain

ちょっと細い道があります。

 

f:id:threepeaks:20191008205756j:plain

急坂でぐちゅぐちゅ泥々の道もあります。

 

f:id:threepeaks:20191008205910j:plain

大倉沢に到着しました。

 

 

 

 

大倉沢 ⇒ 駐車場

f:id:threepeaks:20191008205950j:plain

橋を渡ります。

 

f:id:threepeaks:20191008210114j:plain

f:id:threepeaks:20191008210145j:plain

f:id:threepeaks:20191008210158j:plain

f:id:threepeaks:20191008210234j:plain

奥の2つ目の橋は使わず、ピンクリボンを目印にそのまま山沿いを歩いて行きました。

 

f:id:threepeaks:20191008210446j:plain

段差の大きな坂を登ります。

 

f:id:threepeaks:20191008210548j:plain

細くて滑り落ちそうな道。

 

f:id:threepeaks:20191008210650j:plain

その先は歩きやすい道が続きます。何か所かアップダウンがあります。

 

f:id:threepeaks:20191008210738j:plain

f:id:threepeaks:20191008210757j:plain

分岐がありますが、道なりに下ります。

 

f:id:threepeaks:20191008211114j:plain

吊り橋が見えてきます。

 

f:id:threepeaks:20191008211149j:plain

f:id:threepeaks:20191008211340j:plain

吊り橋のたもとに「河原の湯」へ行く道があるので寄ってみます。

 

f:id:threepeaks:20191008211400j:plain

f:id:threepeaks:20191008211416j:plain

「河原の湯」です。露天風呂があります。写真を撮ろうと思っていましたが、入浴されている人がいたので断念(笑)

 

f:id:threepeaks:20191008211537j:plain

吊り橋に戻って下山します。

 

f:id:threepeaks:20191008211622j:plain

f:id:threepeaks:20191008211642j:plain

下山完了です。登山ポストに下山届を出していきます。ちなみに妙高山のバッジ等は温泉街にある2件の商店で売っています。

 

f:id:threepeaks:20191008211939j:plain

温泉街に無料の足湯があります。バスで帰る人は時間までここで足を休ませるのもいいですね。

 

妙高山(燕登山道コース)の感想

燕登山道は色々と見どころが多くておススメのコースです。ただ、道がちょっと荒れていて歩きにくい箇所も多いので初心者にはあまり向きません。ある程度山に登り慣れてから行くとよいです。

妙高山は山頂手前の岩場と鎖場が楽しいですし、晴れていれば良い景色が眺められます。山頂は広く、火打山・焼山や妙高市の景色が360°眺められます。 

 

妙高山の天気 - てんきとくらす [天気と生活情報]

 

下山後に立ち寄った温泉

妙高山下山後は燕温泉や関温泉、赤倉温泉など多くの温泉があるので選り取り見取りです。

 

この日は帰路途中にある「休暇村妙高」によって汗を流して帰りました。露天風呂はありませんが、3階の風呂から「ルンルンスキー場」を眺めながらの温泉です。

 

この日使用した主な道具

「SOTO マイクロレギュレーターストーブ ウィンドマスター」

風や寒さに強いガスバーナーで冬でも重宝します。

 

 「snowpeak チタンダブルマグ 300 フォールディングハンドル

 ダブルウォール構造で熱を伝えにくくなっており、温かい飲み物は冷めにくい。冷たい飲み物は温くなりにくく、結露も出にくい。チタン製のため軽量。

 

THE NORTH FACE ベンチャージャケット

春や秋に持って行きやすい薄手の軽量ジャケットです。ちょっと雨が降った時もこれでしのげます。

 

MAMMUT TRANSPORTER Cargo 3/4 2in1 Pants

コンバーチブルパンツは季節の変わり目に便利です。暑いのか涼しいのか分からないときはロングパンツ状態で履いて行き、暑かったらハーフに切り替えます。

 

出湯温泉登山口からの「五頭山」(五ノ峰コース)
出湯温泉登山口からの「五頭山」(五ノ峰コース)
新潟県を代表する山「弥彦山」(表参道コース)
新潟県を代表する山「弥彦山」(表参道コース)

おもてなしの心溢れる柏崎の里山「南条八石山」(三ツ小沢コース~峰コース)
おもてなしの心溢れる柏崎の里山「南条八石山」(三ツ小沢コース~峰コース)
初めての登山装備と持ち物(バックパックについて)
初めての登山装備と持ち物(バックパックについて)