3PEAKS

☆新潟県在住のんびり山歩き 初心者、中級者向けおすすめ登山ルート、登山口情報☆


歴史とロマンを秘める山「日本国」へGOGOGO!(小俣登山口~蔵王堂登山口)

f:id:threepeaks:20190423234420j:plain

日本国(にほんこく)

・標高:555m

・所在地:村上市、山形県鶴岡市

・標高にちなんで毎年5月5日に山開きが行われる

・県境にある里山だが、その名称のユニークさもあって登る人が割と多い

登頂証明書を発行してもらえる(有料)

 

「”日本国”っていう山があるんだよ」「え?何それ行ってみたい!」

登山を始めたばかりの頃に教えてもらって、すぐに登りに行ったもののその日はあいにくの曇天&小雨。あんまり良い印象がなかったのですが、天気の良い春先または紅葉の時季はとてもおススメと聞いたので、再び山開き直前に登ってきました。

 

この日の山行記録

 

駐車場情報

村上市の小俣集落にある日本国ふれあいパーク(旧小俣小学校跡地)が登山者用駐車場になっています。このすぐ目の前に登山口があります。ここまで自宅から2時間半かけて車で向かいました。距離にして約150km。夜勤明けには運転がちょっと辛かったです。。。

 

なお、公共交通機関で行く場合は、JR羽越本線府屋駅から1日4本バスが出ているようです。時間が合わない場合は、駅から山北タクシーで行くと早いです。

 

f:id:threepeaks:20190424225139j:plain

ここに駐車場(旧小俣小学校跡地)があります。広いので満車になることはほとんどないらしいですが、山開きの日は混雑するとのこと。

 

f:id:threepeaks:20190424225931j:plain

f:id:threepeaks:20190424225401j:plain

f:id:threepeaks:20190424230104j:plain

地元じゃないのに、何だかノスタルジックな気分になります。

 

f:id:threepeaks:20190424230508j:plain

休憩所があります。

 

f:id:threepeaks:20190424230642j:plain

ちなみにこっちの建物にはトイレがあります。洋式でした。トイレ隣の部屋に登山者ノートがあるので、記入していきましょう。

 

f:id:threepeaks:20190424230755j:plain

”ロマンの里”小俣。登山をやっていなければ、ひょっとしたら一度も訪れることなく人生終わっていたかもしれません。

 

f:id:threepeaks:20190424230930j:plain

駐車場の道路はさんで向かいに登山口があります。

 

この日のコース

f:id:threepeaks:20190425011817j:plain

駐車場→小俣登山口→蛇逃峠(じゃのげ)→日本国山頂

  →蛇逃峠→蔵王堂登山口→小俣集落→駐車場

往復距離:5.0km 累積標高差:(上り/下り)510m/510m

標準コースタイムは、上り1時間45分、下り1時間30分だそうです。

※往復距離と累積標高差は概測

 

f:id:threepeaks:20190424231027j:plain

登頂証明書についての説明が書いてあります。欲しい方は読んでおきましょう。なお、山頂にも同じ看板があります。

 

登山開始~日本国山頂へ

f:id:threepeaks:20190424231345j:plain

ここをくぐって登山開始です。

 

f:id:threepeaks:20190424231442j:plain

最初は林の中をのんびり登り始めます。気温が高い日だったのですが、ここは割と涼しかったです。

 

f:id:threepeaks:20190424231615j:plain

「熊注意」看板を見て慌てて熊鈴を鳴らし始めるビビリです。

 

f:id:threepeaks:20190424231842j:plain

「ラジウム清水」が見えてきます。

f:id:threepeaks:20190424231959j:plain

「新潟県の名水」の一つらしいです。

 

f:id:threepeaks:20190424232202j:plain

日当たりがよくなってきます。この日は暑かった~。

 

f:id:threepeaks:20190424233036j:plain

f:id:threepeaks:20190424233109j:plain

30分ほど歩くと「松ヶ峰広場」に着きます。見晴らしはありませんが、ベンチが5つあるので休憩しやすいです。

f:id:threepeaks:20190424233327j:plain

ここからブナ林が続きます。

f:id:threepeaks:20190424233414j:plain

f:id:threepeaks:20190424233511j:plain

f:id:threepeaks:20190424233446j:plain

青空と新緑が気持ちいいです。

 

f:id:threepeaks:20190424233629j:plain

さらに20分ほど歩くと、日本海方面を望める「沖見休憩所」があります。海側からの風が気持ちいいです。

 

f:id:threepeaks:20190424233922j:plain

休憩所を過ぎてちょっと歩くと、右手が開けた道があります。ここからの眺めがまた良いです。

 

f:id:threepeaks:20190424234124j:plain

朝日連峰など周辺の山々と麓の景色が素晴らしいです。

 

f:id:threepeaks:20190424234948j:plain

左手を見ると、日本国山頂が見えます。

 

f:id:threepeaks:20190424235040j:plain

東屋が見えてきました。

 

f:id:threepeaks:20190424235156j:plain

蛇逃峠(じゃのげ)に着きました。見晴らしもよい素敵な東屋があります。ちなみにここが蔵王堂コースとの分岐になっています。

 

f:id:threepeaks:20190424235439j:plain

 

f:id:threepeaks:20190424235503j:plain

蛇逃峠で一休みしたら山頂方面へ向かいます。

 

f:id:threepeaks:20190424235801j:plain

f:id:threepeaks:20190424235922j:plain

左はブナ、右は杉に登山道できっちり分かれてるのが面白い。

 

f:id:threepeaks:20190425000428j:plain

最後の登り。

 

f:id:threepeaks:20190425000516j:plain

日本国山頂に到着で~す。蛇逃峠から20分くらいで山頂へ着きます。

 

f:id:threepeaks:20190425000636j:plain

展望台に乗ってみました。天気が良かったので奥に日本海と粟島が見えます。

 

f:id:threepeaks:20190425000747j:plain

小屋とテーブル、ベンチがあります。

 

f:id:threepeaks:20190425000826j:plain

小屋の中に登頂証明スタンプがあるので押していきましょう。

 

f:id:threepeaks:20190425000933j:plain

「日本国555」の標識。味があります(笑)

 

 

 

 

下山開始~蔵王堂コース~駐車場へ

f:id:threepeaks:20190425001053j:plain

お昼ご飯を食べて景色を堪能したら下山します。

 

f:id:threepeaks:20190425001241j:plain

蛇逃峠まで来た道を戻ります。

 

f:id:threepeaks:20190425001335j:plain

f:id:threepeaks:20190425001359j:plain

東屋の先に「蔵王堂コース」があります。

 

f:id:threepeaks:20190425001510j:plain

緑色と茶色と桃色(桜)など色とりどりの山の景色。

 

f:id:threepeaks:20190425001734j:plain

蔵王堂コースはちょっと細めの急坂があるので気をつけて下ります。

f:id:threepeaks:20190425001958j:plain

f:id:threepeaks:20190425002026j:plain

f:id:threepeaks:20190425002130j:plain

後半はゆるやかな杉林が続きます。暑い日だったのでここは天国でした(笑)

 

f:id:threepeaks:20190425002244j:plain

f:id:threepeaks:20190425002313j:plain

f:id:threepeaks:20190425002353j:plain

元和元年ですか。歴史を感じますね。もうすぐ令和元年。

 

f:id:threepeaks:20190425002610j:plain

f:id:threepeaks:20190425002639j:plain

蔵王堂登山口に着きました。ここから登る人は路肩に車を停めていました。

 

f:id:threepeaks:20190425002841j:plain

ふれあいパーク駐車場まで集落の道路をてくてく歩きます。

 

f:id:threepeaks:20190425003143j:plain

f:id:threepeaks:20190425003208j:plain

「小俣宿」村上市は歴史を大切に保存する文化があるので、集落の街並みも見ごたえがあります。興味のある方は、村上市観光協会Webサイトをご覧ください。

小俣宿|村上市観光協会 -鮭・酒・人情 むらかみ-

 

f:id:threepeaks:20190425003233j:plain

f:id:threepeaks:20190425003651j:plain

途中で日本国登頂証明書の受付をしてくれる商店が2つあります。店入口に張り紙がしてあるので見落とさないように注意して歩きましょう。なお、5月5日の山開き日に限って、この郵便局特設テントで受付するらしいです。

 

f:id:threepeaks:20190425004216j:plain

駐車場に戻ってきました。

 

f:id:threepeaks:20190425004258j:plain

「小俣小学校」の校門がここにあったのでしょうか。標柱が残されています。

 

f:id:threepeaks:20190425004431j:plain

 

日本国の感想

「日本国」に天気の良い日にリトライしてみたら、前回と違ってとてもいいお山だなと思いました。思えば前回は景色もあまり見えなかったし、寒いので集落なんて早足で素通りしたので、楽しむ余裕が全然なかったかなと。歴史とロマン(ロマンというよりノスタルジック)を感じられる小俣集落と日本国、一度は天気の良い日に訪れてみてはいかがでしょうか。

ついでに、帰り道は日本海側を通って笹川流れも楽しめるとさらにいいですね!

niigata-kankou.or.jp

 

f:id:threepeaks:20190425005519j:plain

f:id:threepeaks:20190425005534j:plain

f:id:threepeaks:20190425005607j:plain

 

 

日本国下山後に立ち寄った温泉

日本海を眺めながら浸かる露天風呂は最高です。

新潟県瀬波温泉 大観荘せなみの湯

 

この日使用した主な道具

「メレル カメレオン7ストーム ミッドゴアテックス」

ミッドカットで足首まで保護しながら、軽量で疲れにくいトレッキングシューズ

 

「グレゴリー(GREGORY) ZULU30 M」

背負い心地がとてもよいグレゴリーの軽量ザック

 

出湯温泉登山口からの「五頭山」(五ノ峰コース)
出湯温泉登山口からの「五頭山」(五ノ峰コース)
新潟県を代表する山「弥彦山」(表参道コース)
新潟県を代表する山「弥彦山」(表参道コース)

おもてなしの心溢れる柏崎の里山「南条八石山」(三ツ小沢コース~峰コース)
おもてなしの心溢れる柏崎の里山「南条八石山」(三ツ小沢コース~峰コース)
初めての登山装備と持ち物(バックパックについて)
初めての登山装備と持ち物(バックパックについて)