3PEAKS

☆新潟県在住のんびり山歩き 初心者、中級者向けおすすめ登山ルート、登山口情報☆


加茂市の名山!「猿毛岳」

f:id:threepeaks:20190416212052j:plain

猿毛岳(さるげだけ)

・標高:326m

・所在地:加茂市

・山頂には小屋とベンチがある

・低山だが、山頂からの眺めはとてもよい

・例年12月下旬~2月までは積雪期

 

加茂市の山と言えば、「粟ヶ岳」の加茂コース(中央登山道)が有名ですが、「猿ヶ岳」も低いながらもとても素敵な山です。4月の暖かい日に登ってきました。

 

この日の山行記録

 

駐車場と登山口情報

登山口と駐車場の場所は、県道9号長岡栃尾巻線から「日吉社」に向かって橋を渡ったところにあります。駐車場は狭く、5台くらいしか停められません(拡大する予定があるとか無いとか)。

※満車だからといって、集落の道などに勝手に停めてはいけません

 

f:id:threepeaks:20190416221016j:plain

県道9号から橋を渡ってきたところで振り返るとこんな感じ。橋はすれ違いできない細さなので、譲り合いに注意してください。

 

f:id:threepeaks:20190416221326j:plain

橋を渡って右手に出ている案内に従って右折します。

 

f:id:threepeaks:20190416221511j:plain

右折してきたところを振り返ったところ。一本だけそびえ立つ木も目印になります。

 

f:id:threepeaks:20190416221756j:plain

猿毛岳駐車場です。

 

公共交通機関を利用する場合は、「JR加茂駅」から加茂市民バス(猿毛・西加茂西部線)に乗車します。「猿毛」で下車し、登山口まで徒歩10分です。

 

f:id:threepeaks:20190416221658j:plain

駐車場から見た加茂川

 

f:id:threepeaks:20190416221857j:plain

「加茂川に転落注意」!

フェンスなどが無いので、アクセルとブレーキを踏み間違えると確かに落ちてしまうかも(笑)

 

f:id:threepeaks:20190416222040j:plain

駐車場には1基だけ仮設のトイレがあります。

 

f:id:threepeaks:20190416222124j:plain

登山口です。案内図、ストック、靴洗い場があります。

 

この日のコース

駐車場 ⇒ 山頂 ⇒ 第1展望台 ⇒ 山頂 ⇒ 駐車場

往復距離:3.8km 累積標高差:(上り、下り)410m

尾根コースの標準タイム(ピストン):登り約1時間+下り約0.5時間

(沢コースに周回した場合の下山コースタイムは約1時間)

 

※往復距離と累積標高差は概測

f:id:threepeaks:20190416222249j:plain

コース案内図です。周回できますが、今回は「尾根コース」のピストンにしました。

 

登山開始~猿毛岳山頂、展望台へ

f:id:threepeaks:20190416222612j:plain

登山者数を数えるボードが設置されているので、正の字を書き足していきましょう。

一応、熊鈴も鳴らしながらスタートしました。

 

f:id:threepeaks:20190416223341j:plain

階段をトコトコ登っていきます。

 

f:id:threepeaks:20190416223425j:plain

すぐに「日吉社」が見えてきます。

 

f:id:threepeaks:20190416223506j:plain

本殿の右横に登山道が続いています。

 

f:id:threepeaks:20190416223938j:plain

山頂の山小屋への「薪の荷揚げ協力お願い」。ビニール袋を持ってきていたので、そこに薪を3本入れて持っていきました。

 

f:id:threepeaks:20190416224552j:plain

最初は杉林の中を歩きます。大きな杉が沢山あります。

 

f:id:threepeaks:20190416224656j:plain

f:id:threepeaks:20190416224712j:plain

f:id:threepeaks:20190416224800j:plain

階段が続きます。

 

f:id:threepeaks:20190416224852j:plain

しばらく登ると竹林が現れます。ここら辺から勾配がきつくなってきます。

 

f:id:threepeaks:20190416225043j:plain

低山だと思ってガンガン登っていたらバテてしまいました。のんびり登りましょう。

 

f:id:threepeaks:20190416225122j:plain

ようやく傾斜が緩くなり、尾根道が見えてきました。

 

f:id:threepeaks:20190416225335j:plain

尾根道に出たところ。この時季(4月)は木々にまだ葉がついていないので奥の方に麓の景色が見えます。

 

f:id:threepeaks:20190416230329j:plain

尾根に出て光と風が入ってきました。

 

f:id:threepeaks:20190416230450j:plain

”とるのは「写真」だけ 残すのは「足あと」だけ”

 

f:id:threepeaks:20190416230625j:plain

ふと右を見ると、まだ冠雪している高い山々が見えます。

 

f:id:threepeaks:20190416230827j:plain

穏やかな尾根歩きが続いて気持ちいいです。

 

f:id:threepeaks:20190416230935j:plain

f:id:threepeaks:20190416231106j:plain

f:id:threepeaks:20190416231126j:plain

山頂と小屋が見えてきました。

 

f:id:threepeaks:20190416231200j:plain

山頂に到着です!小屋とベンチがあります。

 

f:id:threepeaks:20190416231247j:plain

山頂に着いたら鐘も鳴らしておきましょう。登山道にもいくつかあったので、全部鳴らしておきました(笑)

 

f:id:threepeaks:20190416231305j:plain

小屋の中はこんな感じ。ストーブもあります。

 

f:id:threepeaks:20190416231352j:plain

荷揚げした薪は小屋の裏に積み上げます。既に沢山の薪がありました。

 

f:id:threepeaks:20190416231508j:plain

角田山、弥彦山方面。

 

f:id:threepeaks:20190416231548j:plain

粟ヶ岳、白山方面。

f:id:threepeaks:20190416231705j:plain

f:id:threepeaks:20190416231720j:plain

f:id:threepeaks:20190416231825j:plain

守門岳の雪庇が見えます。

 

f:id:threepeaks:20190416232046j:plain

「小屋の近くで用を足さないで、するんだったら奥の方のリフト跡らへんでしてね」ってことらしいです(笑)

 

f:id:threepeaks:20190416232411j:plain

この日はピストンでしたが、第1展望台まで足を延ばしてみました。

 

f:id:threepeaks:20190416232621j:plain

旧スキー場のリフト跡です。先ほどの注意書きではこの辺で用を足すようにとあるので、近づくと地雷があるかもしれません(笑)

 

f:id:threepeaks:20190416233404j:plain

f:id:threepeaks:20190416233510j:plain

第1展望台に到着です。もうちょっと進むと第2展望台もあります。どちらも周回コースで通ります。山頂が混んでいる場合は、ここで休憩するのもおススメです。

 

f:id:threepeaks:20190416233826j:plain

第1、2展望台からは朝日、五頭、飯豊、菅名などが見えます。(第1からはあまり見えないかも。。。)

 

f:id:threepeaks:20190416234344j:plain

f:id:threepeaks:20190416234157j:plain

景色を堪能したので、山頂へ戻ってお昼ご飯にします。

 

f:id:threepeaks:20190416234624j:plain

とても暖かい日だったので、小屋の外でお昼を食べました。

 

f:id:threepeaks:20190416234721j:plain

肉野菜炒め(具材は家でカット)を作って食べました。白飯は山で炊くと面倒なので、家で炊いてきたのをタッパーで持ってきました。キャンプの時はメスティンで白飯を炊くこともあります。

 

器は軽くてコンパクトに折りたためるFozzilsのものを良く使います。特にテント泊の時などは便利です。

Fozzils/フォッジルズ 食器 ソロパック 1899073 日本正規品
価格:1782円(税込、送料別) (2019/5/10時点)

楽天で購入
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

 

 

下山開始~駐車場へ(ピストン)

f:id:threepeaks:20190416235707j:plain

さて、ご飯も食べて満足したので、登ってきた道を下山します。時間がある場合は、周回コースで下山した方が坂がなだらかかもしれません。

 

f:id:threepeaks:20190416235900j:plain

でも歩きやすい道なので、普通に歩けば下山も問題ありません。

 

f:id:threepeaks:20190417002514j:plain

カナヘビかな? 

 

f:id:threepeaks:20190417001215j:plain

f:id:threepeaks:20190417002556j:plain

f:id:threepeaks:20190417002617j:plain

日吉社まで戻ってきました。

f:id:threepeaks:20190417003048j:plain

f:id:threepeaks:20190417003103j:plain

f:id:threepeaks:20190417003119j:plain

下山しました。洗い場で靴の泥を落とせます。とてもありがたいです。

 

猿毛岳の感想

猿毛岳は低山ながらも山頂や展望台からの景色が素晴らしく、年間通して登られる素敵なお山です。ちょっと駐車場が分かりにくかったり、狭かったりするのが難点ですが...

休日の10時~13時位は駐車場が満車のことが多いので、それ以外の時間か、平日に行くことをおススメします。

 

猿毛岳下山後に立ち寄る温泉

この日はあまり汗をかかなかったので温泉に寄りませんでしたが、寄る場合は 加茂 美人の湯 です。粟ヶ岳の加茂コースに登った時もよく利用します。

ただし、下越方面へ帰宅する人の場合は逆方向になってしまうので、その場合は田上や五泉の温泉になるかと思います。

 

この日使用した主な道具

「SOTO マイクロレギュレーターストーブ ウィンドマスター」

風や寒さに強いガスバーナーで冬でも重宝します。

 

 「snowpeak チタンダブルマグ 300 フォールディングハンドル

 ダブルウォール構造で熱を伝えにくくなっており、温かい飲み物は冷めにくい。冷たい飲み物は温くなりにくく、結露も出にくい。チタン製のため軽量。

 


爽やかな草原と湿原広がる「巻機山」へ(井戸尾根コース)
爽やかな草原と湿原広がる「巻機山」へ(井戸尾根コース)
初めての「富士山」おススメのルートと装備、持ち物など
初めての「富士山」おススメのルートと装備、持ち物など
広大で美しい稜線歩きを楽しむ「平標山」と「仙ノ倉山」
広大で美しい稜線歩きを楽しむ「平標山」と「仙ノ倉山」
新潟県を代表する山「弥彦山」(表参道コース)
新潟県を代表する山「弥彦山」(表参道コース)