3PEAKS

☆新潟県在住のんびり山歩き 初心者、中級者向けおすすめ登山ルート、登山口情報☆


長岡市栃尾の「大平山」でカタクリの花を愛でる

f:id:threepeaks:20200418123726j:plain

大平山(おおひらやま)

・標高:592.6m(599m)

・所在地:新潟県長岡市

・鋸山を主峰とする東山連峰の北端に位置する山

・春先はカタクリが沢山咲く

・例年11月下旬~3月は積雪期

 

さて、今回も遠出や人ごみを避けて中越地方の里山でハイキングです。長岡市に連なる東山連峰は「鋸山」が有名ですが、その北端にある栃尾の「大平山」でカタクリの花を愛でながら歩いてきました。

 

※新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言が全国に拡大される前の山行記録です。

(といっても誰とも出会わなかったので、あまり関係ありませんが)

 

この日の山行記録

 

 駐車場情報

f:id:threepeaks:20200418124458j:plain

駐車場はちょっと分かりにくいです。県道9号(長岡栃尾巻線)沿いに「ふれあいの森 大平山」への案内標識が立っているので、その道から上がって行きましょう。ソーラー発電施設から先は細い道に入るので、対向車に注意しながら進みましょう。


5~6台はとめられそうな駐車場です。バイオトイレがありますが、この日はまだ冬囲いされたままで入れませんでした。

 

↓駐車場までの道は下記リンクの「アクセス方法」も参考にしてみてください。

 

この日のコース(周回)

f:id:threepeaks:20200418123255j:plain

駐車場 ⇒ 健脚コース ⇒ 大平山山頂 ⇒ 健康コース ⇒ 駐車場

 

往復(周回)距離:5.4km 累積標高差:(上り)460m(下り)460m

標準コースタイム(夏期)は、往路1時間30分、復路1時間00分です。

 

※往復距離と累積標高差は概測です

 

 

駐車場 ⇒(健脚コース)⇒ 大平山山頂

f:id:threepeaks:20200418125209j:plain

駐車場から登山口まではなだらかな傾斜の林道を歩いて行きます。東山連峰は熊の目撃情報が多いので、熊鈴を鳴らしながら行きます。

 

f:id:threepeaks:20200418125255j:plain

少し歩くと分岐があるので、道なりに真っ直ぐ進みます。標識には右手が「カタクリ群生地」と書かれていますが、大平山に登った方が沢山咲いているので行きませんでした。

 

f:id:threepeaks:20200418125633j:plain

先へ進むと、左手にエメラルドグリーン色の池が見えてきます。柵があるので奥まで行ったことはありません。

 

f:id:threepeaks:20200418125803j:plain

さらに先へ進むと、左手に「体験の小径」と書かれた標識があります。そのまま林道を進んだ方が楽ですが、せっかくなのでちょっと寄り道します。

 

f:id:threepeaks:20200418130124j:plain

「体験の小径」は何の体験なのかいつも謎(笑)

 

f:id:threepeaks:20200418130309j:plain

続いて「冒険の丘」へ。

 

f:id:threepeaks:20200418130417j:plain

f:id:threepeaks:20200418130432j:plain

「冒険の丘」に着きました。ここも何の冒険なのか謎ですが、広いスペースがあり晴天だと気持ち良い場所です。

 

f:id:threepeaks:20200418131009j:plain

先へ進みます。丘を下りて行きます。

 

f:id:threepeaks:20200418131133j:plain

丘を下りると貯水池があります。

 

f:id:threepeaks:20200418131249j:plain

標識に従って、池沿いの道から登山口へ向かいます。

 

f:id:threepeaks:20200418131356j:plain

f:id:threepeaks:20200418131411j:plain

池の端まで来ると分岐があります。左が「健康コース」で、右が「健脚コース」です。山に登り慣れていない人や、体力に自信の無い人は「健康コース」をピストンしましょう。

 

f:id:threepeaks:20200418131821j:plain

「健脚コース」へ向かいます。

 

f:id:threepeaks:20200418132033j:plain

初めて来たときは、「あれ?行き止まりじゃん」と思いましたが、よく見ると短いハシゴがかかっています。

 

f:id:threepeaks:20200418132124j:plain

山を囲うように水が流れています。どうやら先ほどの貯水池まで水を引いているようです。

 

f:id:threepeaks:20200418132249j:plain

ハシゴを上ると、いきなり急斜面の細道から「健脚コース」が始まります。

 

f:id:threepeaks:20200418132411j:plain

直登ではなく”つづら折り”の道になっているので、そんなにきつい感じではありませんが、足場が細くて土も柔らかいので、踏み外さないように気をつけましょう。

 

f:id:threepeaks:20200418132524j:plain

急坂を登りきるとなだらかな尾根道に変わります。

 

f:id:threepeaks:20200418132814j:plain

f:id:threepeaks:20200418132942j:plain

少し萎れていましたが、カタクリの花が沢山咲く道。踏んでしまわないように気をつけて歩きます。

 

f:id:threepeaks:20200418133342j:plain

気持ちの良いなだらかな尾根道が続きます。

 

f:id:threepeaks:20200418133714j:plain

一度鞍部へ下ります。

 

f:id:threepeaks:20200418134327j:plain

この鞍部からの登りが「健脚コース」の真髄です。傾斜が急になり、階段も続きます。

 

f:id:threepeaks:20200418134936j:plain

最近は外出を控えていたこともあり運動不足だったので、思っていた以上に息が上がりました(笑)

 

f:id:threepeaks:20200418135257j:plain

f:id:threepeaks:20200418135400j:plain

急坂を登りきると「健康コース」と合流する分岐に出ます。

 

f:id:threepeaks:20200418135451j:plain

分岐から山頂方面へ進みます。ここからカタクリの花が沢山咲く道が続きます。

 

f:id:threepeaks:20200418135538j:plain

f:id:threepeaks:20200418135559j:plain

f:id:threepeaks:20200418135614j:plain

ここも花を踏まないように歩きます。

 

f:id:threepeaks:20200418135710j:plain

この標識、学校の黒板みたいで好きです。

 

f:id:threepeaks:20200418141551j:plain

山頂手前で視界が開けます。

f:id:threepeaks:20200418141715j:plain

麓の棚田が広がる風景。奥には「弥彦山」が見えます。

 

f:id:threepeaks:20200418142022j:plain

f:id:threepeaks:20200418142036j:plain

最後の登り。

 

f:id:threepeaks:20200418142112j:plain

f:id:threepeaks:20200418142206j:plain

「大平山」山頂(標高592.6m)に到着!

 

f:id:threepeaks:20200418142417j:plain

山頂は東側が特に開けていて、栃尾の街並みや「粟ヶ岳」、「守門岳」などがよく見えます。この日は天気が良くて遠くまでよく見えました。

 

 

 

大平山山頂 ⇒(健康コース)⇒ 駐車場

f:id:threepeaks:20200418143516j:plain

余談ですが、この地点は標高592.6m。地図を見るとその奥に標高599mの本当の山頂があるようです。

 

f:id:threepeaks:20200418143710j:plain

ということで、奥の道をさらに進んでみました。

 

f:id:threepeaks:20200418143935j:plain

スマホのGPSアプリで位置情報を確認しながら進んでみましたが、どうやらここら辺が山頂。標識も無いし、見晴らしもありません(笑)

ちなみにもうちょっと進むと、魚沼方面の景色が広がるポイントがあります。

 

f:id:threepeaks:20200418144447j:plain

ということで標識のある山頂へ戻ってきて、景色を眺めながらしばしおやつタイム。

 

f:id:threepeaks:20200418144550j:plain

最近、和菓子がマイブームです(笑)

 

f:id:threepeaks:20200418144727j:plain

今年は雪が少なかったので、東洋一と言われる「守門岳」の大雪庇を見に行きませんでした。来年こそはまた見に行きたいなぁ。

 

f:id:threepeaks:20200418145149j:plain

さて、景色もおやつも楽しんだので下山します。途中までは、登ってきた道を戻ります。

 

f:id:threepeaks:20200418145337j:plain

いやーいい景色だー。でも足元に注意しながら下山しましょう。

 

f:id:threepeaks:20200418145819j:plain

下りもカタクリも踏まないように。

 

f:id:threepeaks:20200418145916j:plain

f:id:threepeaks:20200418145938j:plain

f:id:threepeaks:20200418145952j:plain

ピークは過ぎていたみたいですが、それでも沢山のカタクリの花を楽しむことができました。

 

f:id:threepeaks:20200418150023j:plain

分岐まで戻ってきました。下りは「健康コース」へ。

 

f:id:threepeaks:20200418150132j:plain

プーさんがご機嫌斜めだったのでしょうか。それともマーキング?

 

f:id:threepeaks:20200418154326j:plain

「健康コース」はほとんどアップダウンも無く、とても歩きやすいです。

 

f:id:threepeaks:20200418154441j:plain

f:id:threepeaks:20200418154721j:plain

f:id:threepeaks:20200418154801j:plain

くぐって通ります。

 

f:id:threepeaks:20200418154858j:plain

f:id:threepeaks:20200418154948j:plain

下山はあっという間。「健康コース」の登山口に到着。

 

f:id:threepeaks:20200418155100j:plain

橋を渡ります。

 

f:id:threepeaks:20200418155142j:plain

水が冷たくて気持ち良かったです(飲み水ではありません)。

 

f:id:threepeaks:20200418155233j:plain

f:id:threepeaks:20200418155249j:plain

「健脚コース」との分岐に戻ってきました。

 

f:id:threepeaks:20200418155327j:plain

貯水池沿いの道を戻ります。

 

f:id:threepeaks:20200418155427j:plain

帰りは寄り道せず、林道をそのまま歩いて駐車場(北荷頃方面)へ戻りました。

 

f:id:threepeaks:20200418155854j:plain

駐車場に戻ってきました。おしまい。

 

大平山の感想

大平山は駐車場にたどり着くまでがちょっと難点ですが、道は歩きやすく間違えにくいので初心者にもおススメの山です。特に「健康コース」の方が歩きやすいです。

東山連峰なので「五百山」や「鋸山」まで縦走もできるようですが、何となく熊と出会ってしまいそうで縦走したことはありません。。。

できれば春か晩秋に登られることをおススメします。それほど登る人が多くないせいか、夏期はクモの巣が鬱陶しいです(笑)

 

この日使用した主な道具

東京ベル 森の鈴(BEAR BELL) 消音機能付

簡単にONとOFFを切り替えられ、カラビナもついているので便利です。音はガチャガチャしておらず、余韻の残る澄んだ音色です。

 

登山において参考にしている天気予報サイトとアプリ
登山において参考にしている天気予報サイトとアプリ
初めての登山装備と持ち物(シューズについて)
初めての登山装備と持ち物(シューズについて)
初めての登山装備と持ち物(ウェアについて)
初めての登山装備と持ち物(ウェアについて)
初めての登山装備と持ち物(バックパックについて)
初めての登山装備と持ち物(バックパックについて)