3PEAKS

☆新潟県在住のんびり山歩き 初心者、中級者向けおすすめ登山ルート、登山口情報☆


ヒメサユリ祭り「袴腰山」(ひめさゆりの小径)

f:id:threepeaks:20190525002038j:plain

袴腰山(はかまごしやま)

・標高:526m

・所在地:三条市

・毎年5月中旬~下旬にかけて、「ヒメサユリ祭り」で賑わう

・例年11月下旬~4月上旬は積雪期

・八木ヶ鼻の下から登るルートもある

 

「袴腰山」は粟ヶ岳の手前にある山で、毎年5月中旬から下旬にかけてヒメサユリ祭りで沢山の人が訪れます。毎年この時だけ袴腰山に登りに来るという人も多いです。

祭り開催2週目後半に登ってきました。山の写真よりもヒメサユリの写真が多めなのはご容赦ください(笑)

 

この日の山行記録

駐車場情報

f:id:threepeaks:20190525002106j:plain
ヒメサユリ祭り開催中の、森町の「高城城址駐車場」です。160台ほど駐車できるようです。「長禅寺」のすぐ横にあります。

公共交通機関の場合は、JR東三条駅前から「八木ヶ鼻温泉行き」バスに乗って、「荒沢郵便局前」で下車、徒歩10分ぐらいで着きます。

 

f:id:threepeaks:20190525002200j:plain
コース案内図の横に、高城に咲く花を紹介する看板があります。

f:id:threepeaks:20190525002223j:plain

自動販売機ときれいなトイレもあります。腰を掛けられる場所もあり、とてもいい駐車場です。 

 

この日のコース

f:id:threepeaks:20190525002314j:plain

駐車場 ⇒ 長禅寺 ⇒ ヒメサユリの小径 ⇒ 高城城址(山小屋) ⇒ 山頂

 ⇒ 高城城址(山小屋) ⇒ ヒメサユリの小径 ⇒ 駐車場

 

往復距離:7.0km

累積標高差:(上り/下り)770m/770m

登山口~山頂の標準コースタイムは、上り1時間30分、下り1時間10分だそうです。

ただし、ヒメサユリの写真撮影時間は含まれていません(笑)

 

※往復距離と累積標高差は概測

 

登山開始~高城城址(山小屋)

f:id:threepeaks:20190616211834j:plain

「ヒメサユリ祭り」の期間は、駐車場奥の受付で環境整備協力金(200円)を支払います。領収書に「いい湯らてい」の入館割引券とソフトドリンクサービス券がついてきました。

 

f:id:threepeaks:20190525002418j:plain

その後、長禅寺の方へ歩きます。

 

f:id:threepeaks:20190525002522j:plain

f:id:threepeaks:20190525002543j:plain

長禅寺に向かって左手の道へ歩いて行きます。

f:id:threepeaks:20190525002633j:plain

道なりに進むと、きれいに整備された林の中の道に入ります。

 

f:id:threepeaks:20190525002659j:plain

途中で車道に出るので、車道を登っていきます。

 

f:id:threepeaks:20190525002723j:plain

物置小屋の横に「ひめさゆり登山路」と書かれた標識があるので、そこを登っていきます。

 

f:id:threepeaks:20190525002748j:plain

少し登ると「ヒメサユリの小径(こみち)」に入っていきます。

 

f:id:threepeaks:20190525002816j:plain

標高の低い所にヒメサユリが沢山咲くのは珍しいのだそうです。

 

f:id:threepeaks:20190525002853j:plain

f:id:threepeaks:20190525002919j:plain

f:id:threepeaks:20190525003009j:plain

f:id:threepeaks:20190525003029j:plain

必ず守りましょう。

f:id:threepeaks:20190525003106j:plain

f:id:threepeaks:20190525003151j:plain

しっかり整備されたなだらかな上り坂を歩いて行きます。

 

f:id:threepeaks:20190525003244j:plain

f:id:threepeaks:20190525003306j:plain

f:id:threepeaks:20190525003330j:plain

f:id:threepeaks:20190525003356j:plain

f:id:threepeaks:20190525003524j:plain

ベンチのある休憩場があります。

 

f:id:threepeaks:20190525003604j:plain
「はじめの眺め」。袴腰山にも粟ヶ岳の北五百川コースと同じような金属製の標柱が各所に設置されています。

 

f:id:threepeaks:20190525003651j:plain

眺めが良いです。守門岳と麓の田畑などが良く見えます。登山目的でない人は、ここで折り返す人も多いそうです。

 

f:id:threepeaks:20190525003719j:plain

f:id:threepeaks:20190525003817j:plain

先へ進みます。

 

f:id:threepeaks:20190525004015j:plain

f:id:threepeaks:20190525004145j:plain

f:id:threepeaks:20190525004224j:plain

「中の眺め」です。

f:id:threepeaks:20190525004250j:plain

ここもベンチがあり、景色を眺めながら休憩できます。

 

f:id:threepeaks:20190525004324j:plain

f:id:threepeaks:20190525004357j:plain

「見晴らしの尾根」にあまり良い見晴らしはないです。

 

f:id:threepeaks:20190525004450j:plain

スキーストックが代用されています(笑)

f:id:threepeaks:20190525004521j:plain

大きなブナの木。

 

f:id:threepeaks:20190525004607j:plain

「たら沢のへつり」。2011年7月の大水害で崩落した箇所がありますが、現在は迂回路が作られています。ヒメシャガが咲いています。

 

f:id:threepeaks:20190525004651j:plain

f:id:threepeaks:20190525004814j:plain

f:id:threepeaks:20190525004931j:plain

「眺めの松」。ベンチがあります。景色も少し見ることができます。

 

f:id:threepeaks:20190525005005j:plain

「終りの坂」。高城城址への最後の坂らしいです。初めて来た時は、地図を持たずほとんど予備知識もなく登ったので、この先が山頂だと勘違いしました。「袴腰山もう終わりなのか、楽勝だったな~」なんて会話したのを思い出します。まさかここでまだ半分だったなんて(笑)

 

f:id:threepeaks:20190525005051j:plain

で、ここを登ると

f:id:threepeaks:20190525005112j:plain

高城城址に到着です。山小屋もあります。小屋にはトイレもあります。

 

f:id:threepeaks:20190525005359j:plain

小屋の中はこんな感じできれいです。

 

f:id:threepeaks:20190525005524j:plain

皆さん外で景色を眺めながら休憩されていました。

 

f:id:threepeaks:20190525005629j:plain

 

高城城址~山頂へ

f:id:threepeaks:20190525005646j:plain

城址で少し休んで先へ進みます。

 

f:id:threepeaks:20190525005836j:plain

ちょっとしたアップダウンを繰り返します。

 

f:id:threepeaks:20190525005915j:plain

「心臓破り」が現れた!

f:id:threepeaks:20190525010130j:plain

f:id:threepeaks:20190525010159j:plain

この坂、何がつらいかって言うと、滑るんです。ズルズル。

f:id:threepeaks:20190525010252j:plain

終りかな?って思うとまだあります。

f:id:threepeaks:20190525010609j:plain

 

f:id:threepeaks:20190525010640j:plain

ある程度坂を登りきると、「袴腰銀座」があります。

 

f:id:threepeaks:20190525010726j:plain

うーん、銀座感が分からない。

 

f:id:threepeaks:20190525010825j:plain

f:id:threepeaks:20190525010944j:plain

f:id:threepeaks:20190525011003j:plain

山頂か!?と思わせるような登りの後にある「五葉の丘」。通過します。

 

f:id:threepeaks:20190525011121j:plain

山頂はあそこです。袴腰山に初めて登った時は、何度か騙されるピークがあります。

 

f:id:threepeaks:20190525011252j:plain

「とどめの坂」(笑) 終始ネーミングセンスを感じます。

 

f:id:threepeaks:20190525011446j:plain

ここも「心臓破り」と同様に、ずるずる滑る坂なので困ります。

 

f:id:threepeaks:20190525011554j:plain

f:id:threepeaks:20190525011618j:plain

f:id:threepeaks:20190525011658j:plain

f:id:threepeaks:20190525011753j:plain

着いたー。山頂っぽくないけど山頂です。

 

f:id:threepeaks:20190525011848j:plain

山頂の標識と鐘があります。鳴らしておきましょう。

 

f:id:threepeaks:20190525011955j:plain

見晴らしの良い場所へ移動しましょう。

 

f:id:threepeaks:20190525012105j:plain

粟ヶ岳。先日は暑かったねー。

f:id:threepeaks:20190525012159j:plain

守門岳。うーん素晴らしい。今年は雪庇見に行かなかったなー。

 

f:id:threepeaks:20190525012242j:plain

景色を眺めながらお昼を食べます。本日のドリンクは「ホワイトサングリア(ノンアル)」。山専ボトルでキンキンに冷えた水を入れていただきます。暑い日にぴったりの飲み物です。

 

下山開始~駐車場へ(ピストン)

f:id:threepeaks:20190525012805j:plain

まったり休憩できたので下山します。この日はピストンでしたが、この写真の先にあるルートで八木ヶ鼻登山口へ下山することができます。途中で分岐があり、粟ヶ岳方面へ続く「ぶなの道」へも行けます。

 

f:id:threepeaks:20190525013124j:plain

下山路へ戻ります。

 

f:id:threepeaks:20190525013201j:plain

f:id:threepeaks:20190525013225j:plain

山頂直下~とどめの坂は滑りやすいので気をつけて下りましょう。

 

f:id:threepeaks:20190525013321j:plain

景色に目を奪われて、足元がおろそかになりがち。

 

f:id:threepeaks:20190525013416j:plain

心臓破りも滑ります。気をつけましょう。

 

f:id:threepeaks:20190525013715j:plain

f:id:threepeaks:20190525013757j:plain

f:id:threepeaks:20190525013832j:plain

一輪だけ咲く花を見ると、健気に見えます。

 

f:id:threepeaks:20190525013950j:plain

f:id:threepeaks:20190525014015j:plain

f:id:threepeaks:20190525014209j:plain

f:id:threepeaks:20190525014242j:plain

f:id:threepeaks:20190525014317j:plain

中の眺めまで戻ってきました。ここから下はとても歩きやすくなります。ヒメサユリも増えてきます。

 

f:id:threepeaks:20190525014454j:plain

f:id:threepeaks:20190525014703j:plain

f:id:threepeaks:20190525014757j:plain

f:id:threepeaks:20190525014827j:plain

f:id:threepeaks:20190525014917j:plain

f:id:threepeaks:20190525014938j:plain

最初の「ひめさゆりについて」の看板がある所まで戻ってきました。分岐になっていますが、左右どちらから下りても大丈夫です。左から来たので、右に行ってみます。

 

f:id:threepeaks:20190525015124j:plain

f:id:threepeaks:20190525015143j:plain

右に行くと、車道に出るのがちょっと早くなるだけです。

車道を下っていきます。

 

f:id:threepeaks:20190525015312j:plain

登りの時は長禅寺を巻いてこの右手奥から出てきましたが、帰りは車道をそのまま下りました。

 

f:id:threepeaks:20190525015433j:plain

駐車場が見えてきました。この車道、下りは楽でいいのですが結構な急坂です。登りは車道からではなく長禅寺側からのルートをお勧めします。

f:id:threepeaks:20190525015709j:plain

駐車場に戻ってきました!15時半位でだいぶ車が減っていました。土日だとまだこの時間でももうちょっと混んでると思います。

 

袴腰山の感想

「袴腰山」は低山ですがそこそこアップダウンもあり、 花の写真を撮っていると思ったより時間がかかります。花もいいですが、粟ヶ岳や守門岳、麓の田畑の景色を眺めながら登るのもいいです。面白いネーミングの標柱をチェックしながら登るのも楽しいです。休憩ポイントも各所にあるのでのんびり登るのがいいと思います。

 

袴腰山の天気 - てんきとくらす [天気と生活情報]

 

下山後に立ち寄る温泉

袴腰山下山後は、粟ヶ岳の北五百川コースと同じく「いい湯らてい」に寄るのがおススメです。

八木ヶ鼻を眺めながら入る露天風呂はとても気持ち良いです。食事も美味しいです。

いい湯らてい 下田 八木ヶ鼻温泉

 

この日使用した主な道具

「THERMOS(サーモス) 山専用ステンレスボトル900ml FFX-900」

暖かい飲み物、冷たい飲み物を長時間保温できる最強の水筒。

暑い日は氷を沢山入れて持っていきます。

 

「snowpeak チタンダブルマグ 300 フォールディングハンドル

 ダブルウォール構造で熱を伝えにくくなっており、温かい飲み物は冷めにくい。

冷たい飲み物は温くなりにくく、結露も出にくい。チタン製のため軽量。

 


爽やかな草原と湿原広がる「巻機山」へ(井戸尾根コース)
爽やかな草原と湿原広がる「巻機山」へ(井戸尾根コース)
大佐渡縦走(ドンデン山~金北山)で稜線歩きを楽しむ(1日目)
大佐渡縦走(ドンデン山~金北山)で稜線歩きを楽しむ(1日目)
初めての「富士山」おススメのルートと装備、持ち物など
初めての「富士山」おススメのルートと装備、持ち物など
ほんとの空を見に「安達太良山」へ(ロープウェイで楽々登山)
ほんとの空を見に「安達太良山」へ(ロープウェイで楽々登山)