3PEAKS

☆新潟県在住のんびり山歩き 初心者、中級者向けおすすめ登山ルート、登山口情報☆


角田山山頂への最短コース「稲島コース」

f:id:threepeaks:20190403183016j:plain

角田山(かくだやま)

・位置:新潟市西蒲区

・標高:481m

・巻観光協会による登山コースは7つ

・上記以外の人気のコースもいくつか存在

・例年1月、2月は積雪期となる

角田山MAP(巻観光協会オフィシャルサイトより)

角田山MAP(巻観光協会オフィシャルサイトより)

角田山にはオフィシャルコースと呼ばれる7つのコースがありますが、その中で山頂や観音堂へ最短で行けるコースが「稲島(とうじま)コース」です。

 

この日の山行記録

 

稲島コースの登山口情報

稲島コースの駐車場は灯台コースの次に広く、トイレもあるので人気です。

f:id:threepeaks:20190512235848j:plain
第1駐車場が満車の場合は、隣に第2駐車場もあります。

f:id:threepeaks:20190512235915j:plain

 

この日のコース(ピストン)

f:id:threepeaks:20190905203437j:plain

稲島登山口 ⇒ 観音堂 ⇒ 角田山山頂 ⇒ 観音堂 ⇒ 稲島登山口

往復距離:3.4km

累積標高差:(上り/下り)450m/450m

 

登山口~山頂の標準コースタイムは、上り1時間、下り45分だそうです。

※往復距離と累積標高差は概測

 

登山開始~観音堂~角田山山頂まで

f:id:threepeaks:20190513000117j:plain
駐車場から登山口は目と鼻の先です。

 

f:id:threepeaks:20190513000212j:plain

ここに角田山のオフィシャルコース図が掲載されています。

角田山も「佐渡弥彦米山国定公園」にあるので、注意事項を遵守しましょう。

花を摘んだりすることは絶対にNGです。植生物をとるのは写真だけにしましょう。

 

f:id:threepeaks:20190513000252j:plain

角田山(弥彦山塊)には熊がいませんが、イノシシがときどき目撃されているので念のため注意しましょう。

 

f:id:threepeaks:20190513000335j:plain

杉林の中の緩やかな坂道からスタートします。

 

f:id:threepeaks:20190513000404j:plain

しばらく歩くと、右手に「稲島薬師堂」が見えてきます。 

f:id:threepeaks:20190513000458j:plain

 

f:id:threepeaks:20190513000549j:plain

薬師堂を過ぎると徐々に坂が急になってきます。 

 

f:id:threepeaks:20190513000701j:plain

f:id:threepeaks:20190513001504j:plain

f:id:threepeaks:20190513001537j:plain

稲島コース名物の階段が現れます。このコース、山頂手前まで階段が続きます(汗)。

 

f:id:threepeaks:20190513001651j:plain

f:id:threepeaks:20190513001728j:plain

階段を少し登っていくと、右手に東屋が見えてきます。

f:id:threepeaks:20190513001817j:plain

疲れていたら少し休んでいきましょう。

 

f:id:threepeaks:20190513001855j:plain

分岐に出ます。左手には水場、右手にはお地蔵さんがあります。

 

f:id:threepeaks:20190513002034j:plain

f:id:threepeaks:20190513002107j:plain

右手の階段を登っていきます。

 

f:id:threepeaks:20190513002206j:plain

f:id:threepeaks:20190513002235j:plain

階段が続くよ~どこまでも~

 

f:id:threepeaks:20190513002325j:plain

ここでだいたい半分(5合目)です。

 

f:id:threepeaks:20190513002423j:plain

f:id:threepeaks:20190513002455j:plain

f:id:threepeaks:20190513002515j:plain

「不動明王」像があります。

 

f:id:threepeaks:20190513002631j:plain

f:id:threepeaks:20190513002732j:plain

f:id:threepeaks:20190513002811j:plain

海側の景色が少し見える場所がありますが、もう少し先に登ってみましょう。

 

f:id:threepeaks:20190513002916j:plain

こっちの方が景色が良く見えます。ベンチもあります。

f:id:threepeaks:20190513003008j:plain

f:id:threepeaks:20190513003147j:plain

でも観音堂まであとちょっとなので先に進みます。

 

f:id:threepeaks:20190513003228j:plain

f:id:threepeaks:20190513003340j:plain

観音堂に到着でーす。

f:id:threepeaks:20190513003415j:plain

山頂まであと10分かからないぐらいなのですが、やっぱりここで景色を眺めたくなります。

 

f:id:threepeaks:20190513003551j:plain

山頂へ向かいます。

 

f:id:threepeaks:20190513003639j:plain

観音堂からすぐにトイレがあります。我慢できない場合はここで用を足しましょう。

 

f:id:threepeaks:20190513003736j:plain

観音堂から山頂まではゆるやかな木道が続きます。

 

f:id:threepeaks:20190513003903j:plain

f:id:threepeaks:20190513004027j:plain

山頂に到着です!とりあえず標識まで行きます。

f:id:threepeaks:20190513004118j:plain

三角点と山頂標識です。

 

下山開始~観音堂~登山口へ

前回の記事でも触れましたが、角田山の山頂は周囲が木々で囲まれているため、見晴らしがよくありません。でも山小屋や銅像があるので少し見ていきましょう。 

f:id:threepeaks:20190513004423j:plain

まずは小屋から。この日は平日の夕方に登ったので、使用している人がいませんでした。

 

f:id:threepeaks:20190513004545j:plain

f:id:threepeaks:20190513004610j:plain

中はこんな感じです。曇りの日は暗いです。

f:id:threepeaks:20190513004655j:plain

ストーブもあるので冬はとてもありがたい小屋です。

 

f:id:threepeaks:20190513004801j:plain

他にもベンチが何か所もあったり

f:id:threepeaks:20190513004839j:plain

銅像があったりします。山頂は広いので、天気の良い日のお昼になると多くの人がシートを広げてご飯を食べてます。

 

f:id:threepeaks:20190513005018j:plain

では下山しまーす。

 

f:id:threepeaks:20190513005120j:plain

再び観音堂。登りで休憩してもいいですし、登頂してから下りで休憩してもいいですし、両方で休憩してもいいですね~。

f:id:threepeaks:20190513005231j:plain

f:id:threepeaks:20190513005254j:plain

f:id:threepeaks:20190513005315j:plain

天気が良ければ遠くの山とここを見ながら山座同定できます。

 

f:id:threepeaks:20190513005438j:plain

あんまり遊んでいると暗くなってしまうので下ります。

 

f:id:threepeaks:20190513005548j:plain

f:id:threepeaks:20190513005611j:plain

f:id:threepeaks:20190513005628j:plain

f:id:threepeaks:20190513005652j:plain

ひたすら階段を下りるだけなので早いですが、膝にきます(笑)

 

f:id:threepeaks:20190513005752j:plain

水場の分岐まで来ました。もうちょっとです。

 

f:id:threepeaks:20190513005831j:plain

f:id:threepeaks:20190513005908j:plain

階段が終わりましたー。あとはゆるゆる歩くだけ。

 

f:id:threepeaks:20190513005951j:plain

f:id:threepeaks:20190513010026j:plain

下山完了です。

 

角田山稲島コースの感想

稲島コースは最短の距離と時間で角田山山頂や観音堂へ登ることができるので、時間が無いときに便利です。でも、その分急な勾配を階段登りになるので、一気に登ろうとするとなかなか疲れます。急がなくても短い時間で登れるので、ゆっくり登りましょう。

 

角田山の天気 - てんきとくらす [天気と生活情報]

 

【角田山のその他のコース記事】

 

角田山稲島コース下山後に立ち寄った温泉

露天風呂がとても気持ちいいです。内湯も広めでいいです。

多宝温泉 だいろの湯

 

この日使用した主な道具

「メレル カメレオン7ストーム ミッドゴアテックス」

ミッドカットで足首まで保護しながら、軽量で疲れにくいトレッキングシューズ

 

 「サロモン TRAIL20」

荷物が少ないときに担いでいく超軽量バックパックです。

 


山形を代表する出羽三山の主峰「月山」へ
山形を代表する出羽三山の主峰「月山」へ
爽やかな草原と湿原広がる「巻機山」へ(井戸尾根コース)
爽やかな草原と湿原広がる「巻機山」へ(井戸尾根コース)
広大で美しい稜線歩きを楽しむ「平標山」と「仙ノ倉山」
広大で美しい稜線歩きを楽しむ「平標山」と「仙ノ倉山」
初めての登山装備と持ち物(バックパックについて)
初めての登山装備と持ち物(バックパックについて)