3PEAKS

☆新潟県在住のんびり山歩き 初心者、中級者向けおすすめ登山ルート、登山口情報☆


冬だけじゃない!夏も魅力的な「守門岳」(保久礼コース~二口コース)

f:id:threepeaks:20190411230605j:plain

守門岳(すもんだけ)

・標高:1,537m

・所在地:魚沼市、長岡市、三条市

・「守門岳」は、大岳と青雲岳、袴岳の三つの峰からなる

・厳冬期の大雪庇は東洋一と言われるほど有名

・山開き後の5月下旬~10月までが夏道の適期

 

冬の大雪庇で有名な守門岳ですが、夏山もとても魅力的です。おススメは秋の紅葉シーズンです。

 ※この記事は、少し涼しくなってきた9月中旬に登ってきた時のレポです。

 

この日の山行記録

 

コースと駐車場情報

守門岳への登山道は主に6つありますが、登山者が多いのは「保久礼(ほっきゅれい、ほっきゅれ、ほきゅれい等呼び方さまざま)」「二口(ふたくち)」です。

 

f:id:threepeaks:20190412001139j:plain

この日は「保久礼」から登るのですが、「二口」へ下山する周回コースの計画だったので、二口登山口手前の駐車場に車を停めました。写真にある建物はトイレです。橋を渡った先にも駐車場があります。計30台位は停められそうですが、紅葉シーズンは朝早くに満車になることもあります。

 

この日のコース

f:id:threepeaks:20190908201322j:plain

二口登山口駐車場 ⇒ 保久礼登山口 ⇒ 大岳 ⇒ 青雲岳 ⇒ 袴岳 ⇒ 青雲岳 ⇒ 二口登山口駐車場

往復距離:12.3km 累積標高差:(上り、下り)1,860m

このコースの標準タイムは、上り5時間、下り3時間だそうです。

 

※往復距離と累積標高差は概測

 

登山開始~大岳まで

f:id:threepeaks:20190412002022j:plain

二口の駐車場から保久礼登山口まで車道を登ります。コースタイムで約50分かかります。

 

f:id:threepeaks:20190411235146j:plain

保久礼小屋の手前にも駐車場があります。保久礼からピストンの場合は、ここに車を停めるのがよいです。

 

f:id:threepeaks:20190412002541j:plain

f:id:threepeaks:20190412002606j:plain

不気味な「保久礼小屋」が現れます。ここで泊る人もいるらしいですが、私はちょっと覗くので精いっぱいです。。。すぐ横に登山道があります。

f:id:threepeaks:20190412002947j:plain

登山口に案内板があるので、コースを確認していきましょう。それと、登山届ポストがあるので、登山届の提出も忘れずに!

 

f:id:threepeaks:20190412003131j:plain

大岳までは樹林帯をひたすら登っていきます。

 

f:id:threepeaks:20190412003208j:plain

f:id:threepeaks:20190412003241j:plain

途中、「キビタキ清水」という水場がありますが、「カンピロバクターが~云々」書かれた看板があるので飲みませんでした。

 

f:id:threepeaks:20190412003907j:plain

大岳まで半分くらい来たところ。

 

f:id:threepeaks:20190412004019j:plain

見晴らしが段々と良くなります。

 

f:id:threepeaks:20190412004110j:plain

最初のピーク、「大岳」に到着です。ここで休憩しても良いですが、もうちょっと先に進むともっと見晴らしの良い場所があります。

 

f:id:threepeaks:20190412004240j:plain

ドーン!と袴岳や青雲岳が見えるスポットがあります。この景色を眺めながら休憩するのが気持ちいいです。ここまで来て下山される方も多いです。

保久礼小屋からのコースタイムは約2時間です。

 

f:id:threepeaks:20190412004410j:plain

冬にはここから大雪庇を眺めることができます。

↑冬の大雪庇の写真(実はピークを逃して小さくなった時の雪庇です...)。

 

f:id:threepeaks:20190412004727j:plain

再び夏の景色。これを眺めながら第2のピークへ向けて出発します。

大岳~青雲岳~袴岳

f:id:threepeaks:20190412005933j:plain

夏道はここからしばらく草木をかき分けながら進むことになります。道は分かりにくくないので迷うことは無いと思いますが、ビシバシ体に枝や草が当たるのでちょっと萎えます。

 

f:id:threepeaks:20190412010340j:plain

藪を抜けると、二口登山道との合流地点が見えてきます。

 

f:id:threepeaks:20190412010514j:plain

「守門岳」と書かれた方へ進みます。

 

f:id:threepeaks:20190412010608j:plain

第2のピーク「青雲岳」に到着です。大岳からのコースタイムは約1時間20分です。

 

f:id:threepeaks:20190412010708j:plain

青雲岳はしばらくなだらかな木道の稜線歩きがあるので気持ちいいです。池塘があり、ベンチで休憩することもできます。

袴岳にガスがかかっているのが気になりつつも最後のピークへ向かいます。

 

f:id:threepeaks:20190412010756j:plain

この時季(9月中旬)、上の方まで来るとちょっと秋の訪れを感じます。

 

f:id:threepeaks:20190412010849j:plain

守門岳最高峰の「袴岳」に到着です!しかし残念ながら三条方面はガッスガスで景色が...

青雲岳からのコースタイムは約20分です。登りのコースタイムは車道歩きを含めると4時間30分。休憩入れると5時間位でしょうか。

 

f:id:threepeaks:20190412011337j:plain

魚沼方面はいい感じで景色が見渡せました。こちらの景色を眺めながらお昼ご飯を食べました。

 

f:id:threepeaks:20190412011617j:plain

ちょうど稜線上でガスが切れているのがよく分かります。この状態を友人は「半分マン」と言います(古)

 

f:id:threepeaks:20190412012000j:plain

ちなみに袴岳山頂から、「田小屋コース」と「大白川コース」へとつながる道が伸びています。

 

下山開始~二口駐車場へ

お昼も食べたので下山開始です。登ってきた道をしばらくそのまま下山します。

先ほどの青雲岳と大岳間の分岐まで戻ったら、そこから「二口」と書かれた方へ下山しました。

 

f:id:threepeaks:20190412012443j:plain

「二口」コースはなかなかの急坂が続くので、転ばないように気をつけながら下山します。

疲れていたので下山時の写真をほとんど撮れませんでしたが、途中からの景色は良かったです。

 

f:id:threepeaks:20190412012836j:plain

二口登山口へ到着です。袴岳からの下山にかかるコースタイムは約3時間です。

休憩時間も含めると9時間程度必要になるので、なるべく朝早くスタートすることをお勧めします。

 

守門岳の感想

冬の雪庇ばかりが注目されがちな守門岳ですが、夏の景色も雄大でとても良いです。最高地点の袴岳まで行くには、中級者であれば朝早く登山開始でじゅうぶん日帰りできます。

初心者の場合は、最初は保久礼小屋~大岳までのピストンがよいかもしれません。大岳から眺める景色だけでも十分楽しめますよ!

守門岳の天気 - てんきとくらす [天気と生活情報]

 

守門岳下山後に立ち寄った温泉

露天風呂が無いのが残念ですが、とてもきれいな施設で快適です。
越後とちお温泉 おいらこの湯

この日使用した主な道具

「軽量トレッキングポール」

急坂の登りや下りでたまに使用。カーボン製で軽くて丈夫。

 

 「グレゴリー(GREGORY) ZULU30 M」

背負い心地がとてもよいグレゴリーの軽量ザック

 


山形を代表する出羽三山の主峰「月山」へ
山形を代表する出羽三山の主峰「月山」へ
爽やかな草原と湿原広がる「巻機山」へ(井戸尾根コース)
爽やかな草原と湿原広がる「巻機山」へ(井戸尾根コース)
広大で美しい稜線歩きを楽しむ「平標山」と「仙ノ倉山」
広大で美しい稜線歩きを楽しむ「平標山」と「仙ノ倉山」
初めての登山装備と持ち物(バックパックについて)
初めての登山装備と持ち物(バックパックについて)