3PEAKS

☆新潟県在住のんびり山歩き 初心者、中級者向けおすすめ登山ルート、登山口情報☆


北アルプスの女王「燕岳」(中房温泉から)

f:id:threepeaks:20190922233439j:plain

燕岳(つばくろだけ)

・標高:2,762m

・所在地: 長野県安曇野市、大町市

・新日本百名山

・山頂手前の燕山荘は、”泊りたい山小屋No1”に選ばれるほど人気

・例年登山適期は5月~10月

「燕岳」はその山容の美しさから”北アルプスの女王”と言われ、多くの登山者を魅了しています。また、山頂手前にある燕山荘(えんざんそう)は”泊りたい山荘No1”に選ばれるほど人気です。燕岳への登山者だけでなく、大天井岳や槍ヶ岳等への「表銀座」縦走で利用する人も多く、休日前は中房温泉付近の駐車場は前日から大混雑します。

毎年1回は燕岳に登っていましたが、今年はまだだったので紅葉で混雑する前に登ってきました。

 

この日の山行記録

 

 

駐車場情報(安曇野市燕岳駐車場)

中房温泉手前にある「安曇野市営駐車場」に車をとめます。登山口に近い順に、①第1駐車場(約50台駐車可)、②第2駐車場(約40台駐車可)、③第3駐車場(約30台駐車可)と3つあり、合計で約120台駐車できます。なお、混雑期には前日夜に満車になることもあります。

 

※駐車場までの長野県道327号は、一部すれ違いの困難な道幅があります。対向車やスピードの出し過ぎ、落石に注意して走行してください。

 

▼公共交通機関でのアクセスも含めて、燕山荘の下記ページに詳しく書いてあります。

交通アクセス | 燕山荘グループオフィシャルサイト

 

 

この日のコース(ピストン)

f:id:threepeaks:20190922235812j:plain

駐車場 ⇒ 中房温泉登山口 ⇒ 合戦小屋 ⇒ 燕山荘 ⇒ 燕岳山頂 ⇒ 北燕岳山頂 ⇒ 燕岳 ⇒ 燕山荘 ⇒ 合戦小屋 ⇒ 登山口 ⇒ 駐車場 

 

往復距離:11.0km 累積標高差:(上り)1,500m(下り)1,500m

標準コースタイムは、往路4時間30分、復路3時間15分です。

 

※往復距離と累積標高差は概測

 

駐車場 ⇒ 合戦小屋

f:id:threepeaks:20190922235935j:plain

前日21時頃に第1駐車場へ到着し、そこで車中泊しました。到着した時点で第1はほぼ満車で焦りましたが、何とか駐車できました。

翌日5時半頃に駐車場から出発し、道路を歩いて中房温泉へ向かいます。

 

f:id:threepeaks:20190923001016j:plain

ここで登山計画書を出していきましょう。事前に下記からダウンロードして提出したり、記入して持参したりすることもできます。

登山計画書を届出しましょう/長野県

 

f:id:threepeaks:20190923001539j:plain

中房温泉です。建物の前にトイレとテーブル・ベンチがあるのでここで最終準備をします。

 

f:id:threepeaks:20190923001716j:plain

登山口です。ここからスタート。

 

f:id:threepeaks:20190923001833j:plain

合戦尾根ルートは北アルプス三大急登と言われるだけあって、序盤からぐいぐい登って行きます。

 

f:id:threepeaks:20190923001944j:plain

多くの人が言うように、北アルプスにはもっと沢山の急登があるので、三大に入るほどではないかなと思います。

 

f:id:threepeaks:20190923002551j:plain

登山口からコースタイムで40分ほどで第1ベンチがあります。近くには水場もあるようです(一度も利用したことが無い)。

 

f:id:threepeaks:20190923002746j:plain

合戦小屋までの間に、第1~3ベンチと富士見ベンチの4か所休憩ポイントがあります。各ベンチ間のコースタイムはだいたい40分間隔らしいです。

 

f:id:threepeaks:20190923002943j:plain

f:id:threepeaks:20190923003202j:plain

合戦小屋への荷揚げ用ケーブルが頭上を通る道には、単管パイプで防護柵が組んであります。万が一落下して直撃したら大変ですもんね。

 

f:id:threepeaks:20190923003825j:plain

第2ベンチ。

 

f:id:threepeaks:20190923003934j:plain

f:id:threepeaks:20190923004124j:plain

大きな段差の登りが続いていたので、なだらかな道は天国に思えます(笑)

 

f:id:threepeaks:20190923004308j:plain

f:id:threepeaks:20190923004436j:plain

第3ベンチ。空いていたのでちょっと休憩。

 

f:id:threepeaks:20190923004544j:plain

f:id:threepeaks:20190923004707j:plain

f:id:threepeaks:20190923004947j:plain

富士見ベンチ。

 

f:id:threepeaks:20190923005047j:plain

空が澄んでいればここから富士山が見えるのかな?

 

f:id:threepeaks:20190923005122j:plain

富士見ベンチを過ぎると、大きな岩が増えてきます。

 

f:id:threepeaks:20190923005202j:plain

合戦小屋まであと10分。

 

f:id:threepeaks:20190923005226j:plain

f:id:threepeaks:20190923005323j:plain

あと5分。

 

f:id:threepeaks:20190923005354j:plain

賑やかな声が聞こえてきました。

 

f:id:threepeaks:20190923005515j:plain

f:id:threepeaks:20190923005434j:plain

合戦小屋に到着です!多くの人が休憩する中間地点です。

 

f:id:threepeaks:20190923025652j:plain

合戦小屋は休憩のみで宿泊できません。

 

f:id:threepeaks:20190923005621j:plain

名物のスイカはもう終わってました...代わりに「おしるこ始めました。」(笑)

 

f:id:threepeaks:20190923005715j:plain

f:id:threepeaks:20190923005743j:plain

トイレもあります。100円を入れてから利用しましょう。

 

f:id:threepeaks:20190923005800j:plain

ベンチが空いたので、麓の景色を眺めながら少し休憩。

 

 

 

 

合戦小屋 ⇒ 燕山荘

f:id:threepeaks:20190923010005j:plain

では燕山荘方面へ進みます。合戦小屋から燕山荘までは割と楽です。

 

f:id:threepeaks:20190923010704j:plain

少し登ると頭上が開けてきます。そして左手には大天井岳と槍ヶ岳が見えてきます。

 

f:id:threepeaks:20190923010730j:plain

f:id:threepeaks:20190923011111j:plain

秋の訪れを感じました。紅葉の時季は混むのでしょうが、一度見てみたいです。

 

f:id:threepeaks:20190923011245j:plain

f:id:threepeaks:20190923011453j:plain

f:id:threepeaks:20190923011519j:plain

燕山荘と燕岳もハッキリと見えてきました。

 

f:id:threepeaks:20190923011710j:plain

f:id:threepeaks:20190923011732j:plain

青空も出てきました。

 

f:id:threepeaks:20190923011808j:plain

燕山荘手前の道は夏道と冬道で異なりますが、夏道を通るのは初めてでした。

 

f:id:threepeaks:20190923012035j:plain

こっちから行くのか~と新鮮に感じながら歩いていたら、

 

f:id:threepeaks:20190923012128j:plain

燕山荘とテント場の間に出ました。

 

f:id:threepeaks:20190923013127j:plain

燕岳はやっぱり美しい。

 

f:id:threepeaks:20190923013501j:plain

f:id:threepeaks:20190923013517j:plain

f:id:threepeaks:20190923013532j:plain

そして北アルプスの大パノラマ。

 

燕山荘 ⇒ 燕岳 ⇒ 北燕岳

f:id:threepeaks:20190923013644j:plain

燕山荘は後に行くとして、まずは燕岳に向かいました。燕山荘からすぐ近くのように見えますが、往復コースタイムは1時間ぐらいです。

 

f:id:threepeaks:20190923014131j:plain

イルカ岩と槍ヶ岳。

 

f:id:threepeaks:20190923014639j:plain

燕岳には様々な形の奇岩があるので、それを見ながら登るのも楽しいです。

 

f:id:threepeaks:20190923014827j:plain

メガネ岩。

 

f:id:threepeaks:20190923014853j:plain

f:id:threepeaks:20190923015136j:plain

山頂手前で階段があります。燕岳山頂は階段を道なりに登ります。

 

f:id:threepeaks:20190923015302j:plain

燕岳山頂に到着!山頂標識は地味です(笑)

 

f:id:threepeaks:20190923015405j:plain

山頂から眺める景色がまた素晴らしいです。燕山荘とその先の表銀座コースの稜線。

 

f:id:threepeaks:20190923015505j:plain

槍ヶ岳はついつい撮ってしまいますね~。

 


燕岳の山頂から見える景色

 

f:id:threepeaks:20190923015706j:plain

時間に余裕があったので、奥の北燕岳にも行きました。燕岳~北燕岳は往復コースタイムで30分です。

 

f:id:threepeaks:20190923015855j:plain

f:id:threepeaks:20190923020151j:plain

f:id:threepeaks:20190923020213j:plain

f:id:threepeaks:20190923020233j:plain

山頂手前の分岐で間違わないように気をつけましょう。

 

f:id:threepeaks:20190923020531j:plain

f:id:threepeaks:20190923020616j:plain

最後に岩場をよじ登って北燕岳に到着です。標識や三角点はないので、ここが山頂?とちょっと拍子抜けする感じ(笑)

 

f:id:threepeaks:20190923020851j:plain

でも北燕岳からの見晴らしもいいです。

 

f:id:threepeaks:20190923020925j:plain

北燕岳まで来る人はそれほど多くないので、ここでまったり景色を眺めました。

 

 

 

 

北燕岳 ⇒ 駐車場

f:id:threepeaks:20190923021119j:plain

では燕山荘へ戻ります。

 

f:id:threepeaks:20190923021245j:plain

f:id:threepeaks:20190923021343j:plain

燕岳は山頂を通らずに巻き道で通過します。

 

f:id:threepeaks:20190923021426j:plain

燕岳山頂手前の分岐。

 

f:id:threepeaks:20190923021540j:plain

f:id:threepeaks:20190923021701j:plain

f:id:threepeaks:20190923021725j:plain

燕山荘に到着。山男の像は山荘入口に移動してました。

 

f:id:threepeaks:20190923021805j:plain

燕山荘でランチを食べてから下山しようかと思っていましたが、ランチ営業開始の11時までだいぶ時間があったので諦めました...ビーフシチューやケーキなど、山荘とは思えないクオリティの高いものが食べられるのでおススメです。

 

先述したように、燕山荘は”泊りたい山荘No1”に選ばれるほど人気なので、宿泊もおススメです。私も宿泊したことがありますが、食事も美味しかったですし、天気が良かったので日の入りや夜景、日の出の景色が素晴らしかったです。

 

※燕山荘は人気のため予約が必要です。宿泊する場合は、事前に燕山荘のWebサイトから予約しましょう。できれば混雑期を避けて、比較的空いている時期に宿泊するのをおススメします。

燕山荘 | 燕山荘グループオフィシャルサイト

 

f:id:threepeaks:20190923024055j:plain

山頂アタックの時にバックパックをデポしたい人は、ここのスペースに置いて行くことができます。

※貴重品は必ず携帯しましょう

 

f:id:threepeaks:20190923024127j:plain

f:id:threepeaks:20190923025044j:plain

f:id:threepeaks:20190923024327j:plain

テント場は人気の割にちょっと狭く、MAX30張です。天気の良い休日にはだいたい満杯になるので、到着が遅くなるとテントを張れないなんてこともあるようです。

 

f:id:threepeaks:20190923024817j:plain

表銀座方面。ゴリラ岩もちらっと見えます。

 

f:id:threepeaks:20190923024953j:plain

燕山荘のランチは諦めて下山します。

 

f:id:threepeaks:20190923025415j:plain

f:id:threepeaks:20190923025435j:plain

下山はピストンだったので、来た道をそのまま下ります。

 

f:id:threepeaks:20190923025545j:plain

f:id:threepeaks:20190923025606j:plain

f:id:threepeaks:20190923025624j:plain

合戦小屋でトイレをお借りしました。

 

f:id:threepeaks:20190923025827j:plain

f:id:threepeaks:20190923025940j:plain

f:id:threepeaks:20190923025953j:plain

f:id:threepeaks:20190923030012j:plain

途中でお腹が空いてきたので下山はちょっと飛ばし気味に(笑)

 

f:id:threepeaks:20190923030249j:plain

f:id:threepeaks:20190923030303j:plain

駐車場に到着。

 

燕岳の感想

燕岳は毎年必ず訪れるほど好きで、とても素敵な山です。登りやすいし、景色はいいし、燕山荘も快適だし。例年は残雪期に訪れていましたが、雪が無いときの燕岳もとても良かったです。

 

初めて訪れる方には、ぜひ天気の良い日に燕山荘に宿泊して、夕日や朝日、それに照らされた北アルプスの壮大な景色を楽しんでほしいです。あと夜景も。体力があれば、表銀座を縦走して大天井岳まで行ってみるのもおススメです。

 

燕岳の天気 - てんきとくらす [天気と生活情報]

 

下山後に立ち寄った温泉

登山口にある「中房温泉」の露天風呂もとてもおススメですが、この日は帰路途中にある「有明荘」に寄りました。内湯と広めの露天風呂があります。

f:id:threepeaks:20190923031346j:plain

f:id:threepeaks:20190923031421j:plain

靴の洗い場やバックパック置き場もあります。

 

f:id:threepeaks:20190923031517j:plain

温泉で汗を流した後は、燕山荘で食べそこなったランチを食べに食堂へ。山賊焼き定食、美味しかったです。

 

有明荘 | 燕山荘グループオフィシャルサイト

 

この日使用した主な道具

THE NORTH FACE ベンチャージャケット

春や秋に持って行きやすい薄手の軽量ジャケットです。ちょっと雨が降った時もこれでしのげます。

 

MAMMUT TRANSPORTER Cargo 3/4 2in1 Pants

コンバーチブルパンツは季節の変わり目に便利です。暑いのか涼しいのか分からないときはロングパンツ状態で履いて行き、暑かったらハーフに切り替えます。

 

出湯温泉登山口からの「五頭山」(五ノ峰コース)
出湯温泉登山口からの「五頭山」(五ノ峰コース)
新潟県を代表する山「弥彦山」(表参道コース)
新潟県を代表する山「弥彦山」(表参道コース)

おもてなしの心溢れる柏崎の里山「南条八石山」(三ツ小沢コース~峰コース)
おもてなしの心溢れる柏崎の里山「南条八石山」(三ツ小沢コース~峰コース)
初めての登山装備と持ち物(バックパックについて)
初めての登山装備と持ち物(バックパックについて)